すか田んブログ

よこすか田んぼ研究会のブログです。 田植え体験、稲刈り体験やってます。

田植え

こんにちは。
今回は、田植えについてです。
ちょっと長くなるかも。
IMG_2565

DSC03058
すか田んの田植え。

田植えとは、
「苗代(なわしろ、なえしろ。苗を育てる田んぼや容器。)で育てた稲の苗を、
水田に移し植えること」です。

田植えのおおまかな手順は、

 苗を持って水の入った田んぼに入る。
       ↓
 苗を泥に差し込み植えていく。

といった感じになります。



すか田んの苗代。
DSC_0994
これは買ってきた苗代です。

田んぼで作ると芽が出る前に食べられてしまうので、
自分で作る時も田んぼではなく、
自宅の庭で容器を使って育てます。
IMG_0531



さて、苗は用意できました。
すか田んでは、苗を腰につけたりはせず、
大きいかたまりで手に持ち、
田んぼにもいくつか散らしておきます。
IMG_0878
雑。



20~30㎝くらいの等間隔に植えます。
一直線だと成長も揃うし、
草取りや稲刈りも楽なのですが、
やはり目印がないと、
まっすぐに植えるのはむずかしいです。

目印をつける道具はいろいろあります。
まずは竹。手軽です。
田んぼに置いて、
節のところに苗を植えます。
竹竿
師匠は几帳面なので、節は無視して
マジックで等間隔に印をつけていました。

びびら?と呼ばれる道具。
地面をひっかいて、印をつけるそうです。
びびら

田植え定規。転がして印をつけるそう。
田植え定規



すか田んでは、
ロープで作った手作りの道具を使っています。
IMG_0865
30㎝間隔に、結束バンドをつけています。

結束バンド
 ↑これです。

ロープはぬれても洗っても大丈夫だし、
田んぼに合わせて長さを調整できるので、
とても便利です。

赤3つ→青3つ→黄3つ…と並べているのは、
1人分の3か所が色で分かるようにするためです。
慣れた人は、3色9か所に植えたりします。



田んぼに入る時は、
田植専用の足袋(たび)か、長靴をはきます。
足袋のない時代は、はだしだったのかも。

普通の長靴で入ると、
IMG_0637
抜けなくなります。

PA211891
これは稲刈りの時ですが、勇者の剣みたいになってます。
すか田んでは「ヒトのぬけがら」と呼んでいます。



田んぼに入ったら、
ロープに沿って一直線に並び、
ようやく苗を植えます。
UGND9753

苗のかたまりから、
できるだけ根が切れないように
植える分だけちぎります。
すか田んでは5本くらいですが、
1~7本と、地域や方針によって違います。
何本で植えても収量は同じらしいです。

ロープの印のところに植えます。
DSC03050

指3本で根元をやさしく持ち、
根が泥で隠れる深さに植えます。
手の指の第2関節まで、とよく言われますが、
田んぼの泥の中では正直よくわかりません。

水が深いとすぐに浮いてきてしまうし、
深植えすると成長が遅くなるらしいです。
そのへんは感覚で、なんとなく植えてます。
P6105715
こんな感じ。



ロープの印全てに植えたら、
全員一斉に下がってロープをずらし、
自分の足跡を手でならしてから、また植えます。

速い人も遅い人も合わせてやらないと、
ただでさえ疲れるのに、険悪になります。
IMG_0675
疲れた・・・。

できるだけかがんだ体勢を変えない方が楽なのですが、
かがんだまま待っているのもつらいので、
速い人は起き上がって待つことになります。
かがむ→起き上がる の繰り返しは地味に腰にきます。
待つ時間は最小限にしたいところなのです。
DSC_0032 (3)

それぞれが別々に植える方法もあるのですが、
それだとお互いが離れているので雑談ができません。
一人でやると、田んぼの作業はよりきつく感じます。
「雑談」は、田んぼの必須アイテムの1つです。

「サクナヒメ」のエンディングの「田植え唄」は最高!
初めて聞いたときは、
あまりの感動に涙が止まりませんでした。
田植え唄
こんな歌なら、田植えもどんどん進む気がします。



みんなでわいわいと田植えをしていると、
よく雉(きじ)が見に来ます。
DSC03074
「けんけーん!」と呼ぶと、すごくおこります。
(鳴き声から、勝手にそう呼んでるだけです)



ようやく田植えが終了!
やっぱり長くなっちゃいました…。
IQCF5491
今回はここまで。
次回は、「草取り」についてです。



2020年の田んぼ、スタート!

久々の更新です。



田んぼ、やってます。



新型コロナ、

緊急事態宣言、

外出自粛、

田んぼは「不要不急」か?

ということで、

これまでおとなしくしていましたが、

水面下では着々と

準備を進めてきました。
IMG_0771



人類がおうちでじっとしていても、

季節はおかまいなく刻々と移り変わっていきます。



シュレーゲルアオガエルの卵。
IMG_0478
在来種に外来語の名前、ややこしい…。

耕運機をかけると死んでしまうので、

カエルの卵は一旦保護します。



シュレーゲルアオガエル。在来種です。
IMG_0608
この後すぐに逃がしました。



へび。アオダイショウでしょうか。
95419137_2725722134222739_2841263566592409600_n
自ら川にぼちゃん!と落ちていきました。

近づいたらめっちゃ威嚇してきたから、

産卵前のメスかもしれません。



雉(きじ)のけんけん。
DSC0E3074
彼は我々が田んぼを移ったのを不審に感じたらしく、

田んぼに行くたびに姿を見せては

「ケーン!ケーン!(場所をまちがってるぞー!)」

と知らせるかのように

何度も高鳴きするのでした。



え?田んぼを移った?

そう、

実は、田んぼを移動しました。
IMG_0769
去年までお借りしていた田んぼが使えなくなり、

すぐ近くの他の田んぼをお借りすることに。



1から開墾し、水を入れ、

何とか例年通りの5月中の田植えに間に合いました。
IMG_0865
いつもの田植えロープ。

今年は田植え体験会は中止、家族で植えました。



ソレイユの丘も、

スタッフの方が着々と準備をしてくれています。
IMG_0850


いよいよ、本格始動です!

  • ライブドアブログ