すか田んブログ

よこすか田んぼ研究会のブログです。 田植え体験、稲刈り体験やってます。

稲作

籾(もみ)すり・精米

こんにちは!
見に来てくださり
ありがとうございます!

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の
活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
活動のない冬の間は、
ゲームに出てくる手順にそって
これまでの活動を振り返っています。

今回は、いよいよシリーズ最終回!
「籾(もみ)すり・精米」についてです。

「天穂のサクナヒメ」の籾すり・精米。
もみすり
たいへんそう。足でやるやつもたいへんそう。

すか田んの籾すり・精米。
DAPQE8938
これは籾すり体験。




ぜひ!お願いします!




「籾すり(もみすり)」とは、
「籾から籾殻(もみがら)を取り除いて玄米にすること」です。

「精米(せいまい)」とは、
「穀物(こくもつ)をついて表皮をとり白くすること」です。
玄米を削って、まわりの茶色い「ぬか」を取ります。

正しくは「精白(せいはく)」というそう
です。

ちょっとややこしいですが、かんたんに言うと、
  もみすり = もみがらをむく
  せいまい = ぬかをとる

ってかんじです。

籾がら。
もみがら
畑にまいたりします。

ぬか。
ぬか
ぬか床でおなじみです。


さて、すか田んの籾すりですが、
体験では、すり鉢と野球ボールを使います。

IMG_0771
籾をつぶすようにこすると…

籾がらが割れて、玄米が出てきます。

IMG_0773
籾がらを取り除いたところです。

体験会の参加者さんには楽しいようで、
はまってずーっとやっている方もいます。



でも手作業だと、稲穂1本で5~10分かかります。
いっぺんにたくさんはできません。
 ごはん1杯=稲1株  なので、
稲穂20~30本として、
  2時間くらいで玄米ごはん1杯
ができる計算になりますね。

機械がなかったころは
どうしてたんだろう…。



精米体験は、やっていません。
かんたんな道具で、となると
とほうもなく時間がかかるので。



じゃん!も~み~す~り~せ~い~ま~い~き~!
IMG_2805
いいのか、こんなに機械を買ってしまって。

上のじょうご型の部分に籾を入れます。
右の穴から籾が落ちていき、左の穴から上がってきて
循環しながら籾がらとぬかが
少しずつ取れていく仕組みです。
IMG_2806

下のコックを開けると、米がざらざらと出てきます。
IMG_2809
籾がらがけっこう残ってたりします。

こちらからは籾がらとぬかが出てきます。

IMG_2808
「籾がら」と「ぬか」は別のものですが、
この機械では一緒にまざって出てきます。

サクナヒメの籾すりも、精米を兼ねています。
もみすり
こんなん、手でやる作業じゃないわ。
ゲーム内ではさらっと終わるけど、
機械がなければ冬の間ずっとやるか、
食べるたびにやることになりそう。

「田右衛門、せめてこれくらいやれ」
とか言われて、全てこなごなにしてしまい、
「やっぱり頼まなければよかった」
となるんだろうな。



むか~しむかし、
稲作が始まったばかりのころは、
からはむかずに食べていたんじゃないかと思います。
道具なしでむくのは大変な作業だからです。



道具ができて、からがむけるようになったら、
  「むいたコメうま!」
と玄米がおいしいと感じていたことでしょう。

「まわりのぬかを削って中だけ食べたい」、
と言い出した人が出てきたときは、
  
もったいないしそんなことむり」
という反応が多かったのではないでしょうか。
強行した人、えらすぎです。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます。

このシリーズは一旦おしまいです。
次からはリアルの田んぼをお伝えします。
よかったらまた見に来てくださいね!



稲刈り

こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。
このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
最近は、このゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。



今回は、「稲刈り」についてです。



ゲームの稲刈り。
IMG_2958
すっごい豊作!・・・に見えます。

すか田んの稲刈り。アングルが似てませんか?
IMG_17712



ぜひ!登録お願いします!




「稲刈り」とは、
熟したイネを収穫するために切り取る農作業」です。
一連の作業の中で、最も嬉しい瞬間です。
IMG_2923

これもちょっと似てる。
DSC_0357 (3)
このゲーム作った人、よく調べてますねー。



出穂から約2か月、稲穂が実りました。
すか田んの稲刈りは、10月中旬です。
DSC_0116
すずめとの激闘も、ようやく終わりです。
ほぼ無傷の年もあれば、
ほぼ全滅の年もあります。



稲刈りの2週間~1カ月前に、水を抜きます。
早すぎると稲穂が充実しないし、
まぎわすぎると抜け切れません。
121006_091511
この田んぼの排水口は塩ビ管です。



しっかり乾いても、直前に雨が降ったりすると
またぬかるみます。

田んぼには低い所と高い所があり、
低い所は水が抜けにくく、
ぬかるみに足をとられて稲刈りがしづらいし、
鎌を持っているので危ないです。
P1050720(2)
あーあ。この時期の泥は固くて、抜け出せません。

脱出!
P1050723(2)
「ヒトのぬけがら」です。



前日までに「稲架(はさ)掛け(がけ)」を作ります。
「はさ」とは、「刈った稲を掛けて乾かす設備」です。
IMG_2065
すか田んは鉄パイプで。情緒のかけらもありません。

大規模な米農家さんは、はさがけをせず、
機械で稲刈りと脱穀を同時に行い、籾だけ収穫します。

外に干すと、
場所はとるし、雨にぬれるし、すずめは来るし、
面倒なことがたくさんありますから。



稲刈りの動画です。


稲刈り動画その②。




稲刈りは鋸鎌(のこぎりがま)で。
稲は固いので、これでぎこぎこと切っていきます。
プロは普通の鎌で、1株を一発で切るそうです。
IMG_0697
ゲームでは大鎌で、一度で一気に刈れていいなあ。

片手で1株をつかみ、根元を刈ります。
IMG_0702

地面にひもを置き、根元を乗せます。
IMG_0707

5株くらい合わせたら、根元をひもでしばります。
乾くとゆるくなるので、きつーくしばります。
IMG_0722

最後に地面に打ち付けて、切り口を揃えたら完成です。
IMG_0727



刈った束をしばるのが、また面倒くさい。
DSC_0121

畦に並べておくと、しばりやすいです。
IMG_1793



小さい子も鎌を持って稲刈りします。
IMG_1863

こちらは親子で。
IMG_0821
最初は楽しいんですが、こんなに広いといやになって、
だんだん口数が少なくなってきます。



あまりに広い時は、網を外さず、網の中で稲刈りをします。
IMG_1915

一度外してしまって刈り切れなかった分は、
網をかけ直し、後日刈ります。

IMG_0866
ゲームでは途中でやめさせてくれないのよね。
現実で終わるまでやってたら、夜が明けてしまうわ。



稲穂。
IMG_0756(2)

雑草も実りの秋です。ヒエかな?
P9290022

エノコログサも、実がぎっしり。
P9290026
雑草を取り除かずにしばったら、
もれなく雑穀米になります。
体にいいとはいえ、できれば白米だけで食べたいです。



はさがけまで運びます。
IMG_0554

一束を2房に分け、はさがけにかけます。
IMG_1956

すずめに食べられないよう、厳重に囲います。
IMG_2099
ここで食べられると、本当にがっかりします。



刈り終わった田んぼ。
IMG_2244
すっきり。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます。

次回は、「脱穀」についてです。
よかったらまた見に来てくださいね!



水加減

こんにちは。
今回は、「水加減」についてです。
IMG_2569

DSC03121
すか田んの水のようす。


水の写真なんて意識して撮ってこなかったので、
今回は、文章ばかりです。




↑よかったらおねがいします↑



水加減とは、
料理などで、水を入れる分量の程度のこと」だそうです。
そういえば、料理用語だったんですね。



田んぼの水加減とは、

取水口や排水口を操作して
稲の生育に最適な水位を調節すること です。



すか田んの作業は土、日、祝のみなので、
最終日の帰り際に調節し、
平日は入れっぱなしか

止めっぱなしです。

加減が難しく、
次の週末に行ってみると
あふれていたり、
からからになっていたりします。



田植えの時の水加減は、
ひたひたくらいです。

水が深いと、
苗が浮き、抜けてしまいます。

少ないと、
泥が動かず植えにくいし、

乾燥して苗が枯れたり、
泥がひび割れたり、
普通の雑草が生えてきたりします。

毎日どころか、

数時間おきに見に行かないと
適量を保てず、
田植えの苦労が台無しになることも。



1週間くらいたったら、
徐々に水位を上げます。


ゲームの中で田右衛門が
「足首がつかるくらい」
と言っていましたが、
現実の田んぼは、
 泥に足首まで埋まる ので、
これに関してはちょっとわからないです。

田んぼのクロがそんなに高くないので、
水もその高さまでしか溜められません。



水位を上げると、
稲が強風から守られ、折れにくくなります。

また、水温も安定します。
欠点は、冷たい水が温まりにくいことです。


水位を下げると、
水温は変動しやすいですが、
水温がすぐ上がり成長が促進されます。
また、強風などで稲が折れることがあります。

入れ続けると水温が下がり、
肥料も流れ出るため、
できれば適量でちょろちょろと
流していたいところです。



この辺は、
農書にも書いてありましたね。



中干し(なかぼし)は、
すか田んではしていません。
中干ししないやり方があるのですが、
そこについてはまたの機会に書きます。



出穂(しゅっすい)後1ヶ月くらい、
稲刈り2週間前から、
水を抜きます。

ゲームのようにすーっと抜けるわけではなく、
何日たってもぐちゃぐちゃとぬかるんでいたり、
雨が降ってまた水びたしになったりします。


水が抜け切らないと、
稲刈りの時に足をとられたり、
(鎌を持ってるから危ない)
刈った稲が泥まみれになったりします。




実際に田んぼをもう10年以上やっていますが、
水の管理もうまくいったためしがないです。

田植えがイマイチだった、
草取りをサボって雑草だらけ、
水を切らして干からびた、など
完璧にはほど遠いです。

でも、
何とかコメはできる。
苦労をすればするほど、
「ありがたい」と思うようになります。



今回はここまで。
次回は、「田んぼの生き物」についてです。

草取り

こんにちは。
今回は、草取りについてです。
草取り

IMG_5164
すか田んの草取り。きついぞー!



 ↑ご登録おねがいします↑



草取りとは、
「雑草を取り除くこと」です。

田んぼの雑草は、
水の中でも育つ(水がないと育たない)植物です。

ゲーム序盤では、
田んぼに入って1つ1つ手で抜いていますが、
これ、ほんっっっっとに腰にキます。

しかも、取っても取っても生えてきます。
梅雨明けから猛烈に暑くなる中、
 炎天下で草取り = 地獄 です。



薬も重機も使わない(持ってない)すか田んは、
ひと夏ずーっとが雑草との戦いです。

草取りで肝心なのは、
  いかに早い段階で雑草をやっつけるか
ということ。

季節が進むと、
雑草自体が大きくなるわ、
量は増えるわ、
気温は上がるわ、で
手に負えなくなります。



一番楽なのは、泥の中に踏み込んで埋めてしまうことです。
IMG_1257
けっこうな率で、復活して生えてきますが。
しかも、言うほど楽でもありません。
泥の中でズボズボ足をとられながら歩いたら、
しんどいに決まってます。



こんな道具を作ってみました。
名付けて「かきかきくん」
DSC_0020 (3)
材料費は、200円。


まだ小さい雑草に有効です。
DSC03119
これはたぶんコナギ。水中で真っ先に発芽します。

こうやって、かきかきします。
DSC_00302

すると、ぷかーっと浮いてきます。
DSC_0035~2

うまいことやれば、田んぼに入らずに済みます。
DSC_00332
ただ、浮いてきた雑草を取り除かないと、
しばらくして再び根付いてしまいます。



そこでこんな道具が!
昔ながらの除草機「田車(たぐるま)」です。
IMG_0910
歯車のようなものがついていて、
泥の中をかき回し、雑草を泥に埋め込みます。

条間(じょうかん、稲と稲のあいだ)を、押して進みます。
IMG_5159
これは便利ですが、稲がまっすぐ並んでいないと使えません。
そしてこれも、しばらくすると埋め込んだ雑草が復活します。



ちなみに、
条間が広い→→→草取りは楽だが、雑草が生えやすい
条間が狭い→→→草取りは大変だが、雑草は生えにくい
です。



はい!文明の利器!!
草刈り機につける、水田用の除草カッターです。
赤い丸い部分が回って、雑草を刈り取ります。
IMG_1277
これも便利で、けっこう楽しいですが、
やはり根は残るため、すぐに復活してきます。
そして、稲も一緒に切ってしまうことが多いです。



すか田んの田んぼの雑草図鑑。

強敵ナンバー1 コナ
もー本気で生えてきます。こいつらの本気度は本物です。
コナギ

わーかわいい、おりづるみたーい、とか言ってると…
IMG_E0953

あっという間にこんなに。
コナギ2
満場一致で最強。こうなったら手遅れです。

中華料理の材料になる、と聞きましたが、
「米づくりで雑草も食べられて一挙両得~」なんて思えないほど
徹底的に生えてきます。



強敵ナンバー2 アオミドロ
水面に被膜のように広がり、田んぼを覆いつくします。
IMG_1107
少なければ手で、地引網のように取ります。

窒素が多いと増えるらしいです。
DSC_1118 (2)
こうなると、熊手でも追いつかないかも。

すか田んがお手伝いする田んぼの1つは、
毎年必ずアオミドロの洗礼を受けます。
水面に日光が当たらなくなるので、
他の雑草が生えにくい面もありますが、
稲も育ちにくくなります。



ちなみに(2回目)、
水温が低い→→→稲が育ちにくいが、雑草も育ちにくい
水温が高い→→→稲はよく育つが、雑草もよく育つ  です。



ヒエ
稲に似ている選手権1位の雑草。
でも、慣れると何となくわかります。
節とか、広がり方とか、根元の色とかで。
ノビエ
ひっぱるとブチブチとちぎれ、
根を残す戦略です。



オモダカ(キツネ、と呼んでます)
オモダカ
見た目はおしゃれな観葉植物ですが。



カヤツリグサ(花火、と呼んでます)
カヤツリグサ
茎の断面が三角形でかわいいです。



セリ
これは田んぼの中、というよりあぜのすぐ内側に生えます。
セリ
食べられるし、抜くといい匂いがするし、
すんなり抜けるおりこうさんだし、
アゲハの幼虫がいたりするので、
雑草のわりに好きな人が多いです。



アゼナ
ハコベに似ていて、一番「普通の草」っぽいです。
でも水に強く、水中から生えてきます。
アゼナ



オギ
ススキに似ていますが、
オギは地下茎がじわじわと入ってきます。
茎が硬いから、抜いたり切ったりが大変です。
オギ



ガマ(マイク、と呼んでます)
目立って増えるわけではないですが、
気づくと田んぼの中に生えています。
これも硬くて、抜いたり切ったりが大変。
ガマ



他にもいろいろいろいろありますが、
今回はここまで。
次回は、水加減についてです。
 
  • ライブドアブログ