すか田んブログ

よこすか田んぼ研究会のブログです。 田植え体験、稲刈り体験やってます。

田んぼ

籾(もみ)すり・精米

こんにちは!
見に来てくださり
ありがとうございます!

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の
活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
活動のない冬の間は、
ゲームに出てくる手順にそって
これまでの活動を振り返っています。

今回は、いよいよシリーズ最終回!
「籾(もみ)すり・精米」についてです。

「天穂のサクナヒメ」の籾すり・精米。
もみすり
たいへんそう。足でやるやつもたいへんそう。

すか田んの籾すり・精米。
DAPQE8938
これは籾すり体験。




ぜひ!お願いします!




「籾すり(もみすり)」とは、
「籾から籾殻(もみがら)を取り除いて玄米にすること」です。

「精米(せいまい)」とは、
「穀物(こくもつ)をついて表皮をとり白くすること」です。
玄米を削って、まわりの茶色い「ぬか」を取ります。

正しくは「精白(せいはく)」というそう
です。

ちょっとややこしいですが、かんたんに言うと、
  もみすり = もみがらをむく
  せいまい = ぬかをとる

ってかんじです。

籾がら。
もみがら
畑にまいたりします。

ぬか。
ぬか
ぬか床でおなじみです。


さて、すか田んの籾すりですが、
体験では、すり鉢と野球ボールを使います。

IMG_0771
籾をつぶすようにこすると…

籾がらが割れて、玄米が出てきます。

IMG_0773
籾がらを取り除いたところです。

体験会の参加者さんには楽しいようで、
はまってずーっとやっている方もいます。



でも手作業だと、稲穂1本で5~10分かかります。
いっぺんにたくさんはできません。
 ごはん1杯=稲1株  なので、
稲穂20~30本として、
  2時間くらいで玄米ごはん1杯
ができる計算になりますね。

機械がなかったころは
どうしてたんだろう…。



精米体験は、やっていません。
かんたんな道具で、となると
とほうもなく時間がかかるので。



じゃん!も~み~す~り~せ~い~ま~い~き~!
IMG_2805
いいのか、こんなに機械を買ってしまって。

上のじょうご型の部分に籾を入れます。
右の穴から籾が落ちていき、左の穴から上がってきて
循環しながら籾がらとぬかが
少しずつ取れていく仕組みです。
IMG_2806

下のコックを開けると、米がざらざらと出てきます。
IMG_2809
籾がらがけっこう残ってたりします。

こちらからは籾がらとぬかが出てきます。

IMG_2808
「籾がら」と「ぬか」は別のものですが、
この機械では一緒にまざって出てきます。

サクナヒメの籾すりも、精米を兼ねています。
もみすり
こんなん、手でやる作業じゃないわ。
ゲーム内ではさらっと終わるけど、
機械がなければ冬の間ずっとやるか、
食べるたびにやることになりそう。

「田右衛門、せめてこれくらいやれ」
とか言われて、全てこなごなにしてしまい、
「やっぱり頼まなければよかった」
となるんだろうな。



むか~しむかし、
稲作が始まったばかりのころは、
からはむかずに食べていたんじゃないかと思います。
道具なしでむくのは大変な作業だからです。



道具ができて、からがむけるようになったら、
  「むいたコメうま!」
と玄米がおいしいと感じていたことでしょう。

「まわりのぬかを削って中だけ食べたい」、
と言い出した人が出てきたときは、
  
もったいないしそんなことむり」
という反応が多かったのではないでしょうか。
強行した人、えらすぎです。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます。

このシリーズは一旦おしまいです。
次からはリアルの田んぼをお伝えします。
よかったらまた見に来てくださいね!



脱穀(だっこく)

こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」
の活動を紹介するブログです。


米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
最近はゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。


今回は、「脱穀」についてです。

ゲームの脱穀。
014
これは…あつかいが難しそう。

すか田んの脱穀その1。
PA230646 - コピー
初めての方向けの「脱穀体験」。

すか田んの脱穀その2。
IMG_2051
脱穀機!



ぜひ!お願いします!




「脱穀(だっこく)」とは、
「収穫した穀類を茎から外すこと」です。
稲穂の「穂=籾(もみ)」を、
何らかの方法でばらばらっととる作業です。

1つぶ1つぶ手で取ってられないので、
昔からさまざまな道具が作られてきました。



「天穂のサクナヒメ」では、
このひと冬(リアルなほう)で
10年分(バーチャルのほう)くらい
米を作りました。

その間に、脱穀の道具は
はさむタイプのものから
「千歯(せんば)こき」に進化しました。

IMG_2926
ざるにほとんど入ってない…。



さらに「足踏み式」まで出てくるとか。
EnQXNvlVgAEEZDQ
この時代にしてはかなりハイテク。

すか田んは回転式を持っていませんが、
知り合いの農家さんにやらせてもらったことがあります。
IMG_6332
めちゃくちゃ飛び散るし、
ちょっとしたこつがいるし、
(タイミングが合わないと逆回転になる)
回転するドラムの突起がけっこう危ないです。

でも、すごく便利です。
登場した時は、さぞかし
 「ナニコレすげー便利!考えた人天才か!」
ってなったでしょうね。

今でも中古がたくさん出回っているので、
日本中で使われていたことが分かります。



さて、
すか田んぼの脱穀ですが、
「手作業」と「機械」の
2種類でおこなっています。

手作業は、稲刈り体験のビジターさん向けです。

ペットボトルに穂を差し込んで…
IMG_0759

割りばしで押さえてひっぱる!
IMG_0762
脱穀体験の様子は、
以前の「稲刈り体験」の記事に載っています。
よかったら、チェックしてみてください。



そして、大量の稲のほとんどは機械で脱穀します。
IMG_2030
じゃじゃん!脱穀機です!!
農家でもないのに、たぢからが買いました!


田植えも草取りも稲刈りも手作業ですが、
耕運と脱穀、精米は機械がないと
とてもじゃないが追いつきません。

田んぼをやるには、
重機の問題は避けられないです。



稲束(いなたば)を広げて機械にはさみます。
IMG_2051

ローラーで中へ送られていき…
IMG_2050

穂が外され…
IMG_2062

反対側から出てきます。
IMG_2056

手元側に取り付けた袋には、籾(もみ)が入ります。
IMG_2067

実はこの機械、
中に「回転ドラム」が入っています。
回転式はそれだけ画期的なんですね。



現代の農家さんは、
さらに最新の「コンバイン」で稲刈りと脱穀をします。



もみのなくなったわら。しばって立てておきます。

PB050728

わら布団です。
IMG_6285



ちなみに・・・
ゲームでは作業を途中でやめさせてくれないため

もたもたしているとゲーム内で夜になってしまいますが、
リアル田んぼでもよくあります。

明日は雨、とか
あと少しで終わる、とか
次に来るのは1週間後、とか、
 「どうしても今日中に終えなくては!」
という時は、こうなります。
PA090604

車のヘッドライトで照らされる脱穀作業。
PA090606
田んぼは基本的に周りも田畑で明かりがないので、
あたり一面真っ暗闇の中ここだけ明るいと、
遠くからは
   火の玉か妖怪 
に見えると思います。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます。

このブログの記事は
毎週金曜日の18時UPを
目標にしているのですが、
先週の金曜日はさぼってしまいました。

リアルの田んぼが始まりそうで、
焦っております。

毎年応募が殺到する
「田植え体験」
「稲刈り体験」ですが、
2020年はコロナの影響で
実施できませんでした。

でも今年2021年は再開したいです。
1回の人数を10名程度にして、
数回に分けて受けようかと模索しています。
決まり次第、
このブログでお知らせします。

「ソレイユの丘」での田んぼ体験も
実施する予定です。
そちらは
「ソレイユの丘」のホームページを
チェックしてください。



次回は、「籾すりと精米」についてです。
田んぼの作業編、ようやく最終回!

よかったらまた見に来てくださいね!



稲刈り

こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。
このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
最近は、このゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。



今回は、「稲刈り」についてです。



ゲームの稲刈り。
IMG_2958
すっごい豊作!・・・に見えます。

すか田んの稲刈り。アングルが似てませんか?
IMG_17712



ぜひ!登録お願いします!




「稲刈り」とは、
熟したイネを収穫するために切り取る農作業」です。
一連の作業の中で、最も嬉しい瞬間です。
IMG_2923

これもちょっと似てる。
DSC_0357 (3)
このゲーム作った人、よく調べてますねー。



出穂から約2か月、稲穂が実りました。
すか田んの稲刈りは、10月中旬です。
DSC_0116
すずめとの激闘も、ようやく終わりです。
ほぼ無傷の年もあれば、
ほぼ全滅の年もあります。



稲刈りの2週間~1カ月前に、水を抜きます。
早すぎると稲穂が充実しないし、
まぎわすぎると抜け切れません。
121006_091511
この田んぼの排水口は塩ビ管です。



しっかり乾いても、直前に雨が降ったりすると
またぬかるみます。

田んぼには低い所と高い所があり、
低い所は水が抜けにくく、
ぬかるみに足をとられて稲刈りがしづらいし、
鎌を持っているので危ないです。
P1050720(2)
あーあ。この時期の泥は固くて、抜け出せません。

脱出!
P1050723(2)
「ヒトのぬけがら」です。



前日までに「稲架(はさ)掛け(がけ)」を作ります。
「はさ」とは、「刈った稲を掛けて乾かす設備」です。
IMG_2065
すか田んは鉄パイプで。情緒のかけらもありません。

大規模な米農家さんは、はさがけをせず、
機械で稲刈りと脱穀を同時に行い、籾だけ収穫します。

外に干すと、
場所はとるし、雨にぬれるし、すずめは来るし、
面倒なことがたくさんありますから。



稲刈りの動画です。


稲刈り動画その②。




稲刈りは鋸鎌(のこぎりがま)で。
稲は固いので、これでぎこぎこと切っていきます。
プロは普通の鎌で、1株を一発で切るそうです。
IMG_0697
ゲームでは大鎌で、一度で一気に刈れていいなあ。

片手で1株をつかみ、根元を刈ります。
IMG_0702

地面にひもを置き、根元を乗せます。
IMG_0707

5株くらい合わせたら、根元をひもでしばります。
乾くとゆるくなるので、きつーくしばります。
IMG_0722

最後に地面に打ち付けて、切り口を揃えたら完成です。
IMG_0727



刈った束をしばるのが、また面倒くさい。
DSC_0121

畦に並べておくと、しばりやすいです。
IMG_1793



小さい子も鎌を持って稲刈りします。
IMG_1863

こちらは親子で。
IMG_0821
最初は楽しいんですが、こんなに広いといやになって、
だんだん口数が少なくなってきます。



あまりに広い時は、網を外さず、網の中で稲刈りをします。
IMG_1915

一度外してしまって刈り切れなかった分は、
網をかけ直し、後日刈ります。

IMG_0866
ゲームでは途中でやめさせてくれないのよね。
現実で終わるまでやってたら、夜が明けてしまうわ。



稲穂。
IMG_0756(2)

雑草も実りの秋です。ヒエかな?
P9290022

エノコログサも、実がぎっしり。
P9290026
雑草を取り除かずにしばったら、
もれなく雑穀米になります。
体にいいとはいえ、できれば白米だけで食べたいです。



はさがけまで運びます。
IMG_0554

一束を2房に分け、はさがけにかけます。
IMG_1956

すずめに食べられないよう、厳重に囲います。
IMG_2099
ここで食べられると、本当にがっかりします。



刈り終わった田んぼ。
IMG_2244
すっきり。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます。

次回は、「脱穀」についてです。
よかったらまた見に来てくださいね!



網張り

こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が人気ということで、
最近はゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。
今回は、「網張り(あみはり)」についてです。

どんどんUPしないと、
今期のリアルの田んぼが始まってしまう…。

すか田んの網張り。サクナヒメに網張りはありません。
IMG_0125
網張りしなくていいなんてうらやましい。



 ↓ぜひ!お願いします!




「網張り」とは、雀に米を食べられないように網を張ることです。
さすがに辞書には載っていませんでした。



出穂(しゅっすい)する頃、田んぼの周りに
雀の斥候隊(せっこうたい、田んぼ用語じゃない)がくるようになります。
IMG_0243 (3)



出穂から2週間くらいで
米のミルクが食べごろ(吸いごろ?)になると、

雀は仲間を引き連れ、一斉に田んぼにやってきます。
IMG_0105(2)
このくらいで、実が充実する前に食べられてしまうのです。
その前に網を張らなくてはなりません。


サクナヒメの田んぼでも、
出穂すると周りにスズメがいないか
つい確かめてしまいます。(わりとガチ)



さて、
一度網を張ったら、稲刈りまで外せません。

網があると施肥(せひ、肥料をまくこと)や
田んぼの草取りや畦の草刈りができなくなるので、

網を張る前にやらなくてはいけません。

つまり、出穂の2週間後までに、
草取り、
施肥、
草刈り、
網張り をするのです。ひー。
IMG_8191
この時期の作業はほんとにつらい。田んぼに行きたくない。


季節は真夏、早朝6時で、もう暑いです
DSC_0510
早朝の朝日はきれいですけどね。

IMG_20160807_074231
朝露もきれいですけど。

サクナヒメでは、
暑くもないし、
草刈りもないし、
スズメも来ないし、
だいぶ楽です。

ゲームの中でもたもたしていると、
どんどん暗くなり夜になってしまいますが、
現実の田んぼも、やることが多すぎて、
「今日中にこれだけは終わらせないと…」
と暗くなるまで作業することがあります。



網張りは、まず網を田んぼ全体に広げます。IMG_0212
20m×50mの網です。

IMG_0138

周りに支柱を立てます。
DSC03144
ここだけ違う場所の田んぼですが。

網の中に入り、笹で高い支柱を立てます。
IMG_0262
ある程度の高さがないと、
一部が垂れ下がってしまったり、
雀がみんなで乗って下げてしまったりします。



最後に側面の網を地面に固定します。
側面からも、すずめは入ってきます。
これで網張りは終了です。



網張りの後は、
めくれていたり、
破れていたり、
倒れていたりしないか
定期的に見にいきます。
IMG_1731
台風で倒れてしまった…。直すのは大変です。

ちょっとでも穴が開いていると、
そこから次々と網に入り込み、
田んぼが
 「巨大なすずめの鳥小屋」
になってしまいます。

そして、
半年かけて
「すずめのえさ」
「ほうき用のわら」
を作ったことになってしまうのです。



今回はここまで。
次回はようやく、「稲刈り」についてです。


最後までおつきあいくださり
ありがとうございました。
次回もよかったら見てくださいね!




出穂(しゅっすい)

こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を
紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
最近はこのゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。
今回は、「出穂(しゅっすい)」についてです。

「天穂のサクナヒメ」の出穂。
IMG_2964
雨降ってるし。

すか田んの出穂。
DSC02243
黄色っぽいところが出穂したところです。

よく考えたら、すか田んの田んぼのうちの1つは、
サクナヒメの田んぼと規模がほぼ同じかも。
DSC_0009


 ぜひ!お願いします!




「出穂」とは、稲の穂が出ることです。
DSC_0052 (2)
水と肥料がたくさん必要な時です。



田植えから2か月くらいすると、
根元のあたりが太くなり、茎の中に「穂のもと」ができます。
出てくるまでを「穂孕み(ほばらみ)」と言います。
IMG_7821
根元のようす。普通は露出していませんが、
これはたまたま虫にかじられて、
中が見えてしまっています。



根元が太くなってくると、
わくわくして田んぼに行くのが楽しみになります。



ふくらんだ茎はだんだん上に上がってきて、
茎を割って「穂」が出てきます。

IMG_7824
だいたい真ん中あたりまで上がってきています。
一番上の葉の根元です。
ピントが合っていませんが…。



このときの「穂」は、まだ「花」です。
米の形をしていますが、米は入っていません。
しばらくすると、米に当たる部分が割れて、
つぶつぶのおしべが出てきます。
DSC_0052
徐々に、穂が葉の高さを抜いていきます。



「天穂のサクナヒメ」では、
田植えから稲刈りまでがあっという間で、
あわあわしているうちにそだってしまいます。

出穂も、ゲーム内では1日でぐんぐん穂が伸び、
翌日には稲刈りですよね。

現実でも手作業で米を作っている身としては、
(ゲーム上の米の品質はともかく)
ゲームは手間いらずで勝手に育ってありがたい、
という印象です。




さて、穂が葉より高くなると、
実が入りその重さで穂が垂れてきます。
IMG_0105(2)
こうなると急にそわそわし始めるヒトとスズメ。
そう、出穂は、
米(正確には籾の中のミルク)をめぐる
熱き戦いの合図なのです。

戦いの詳細は、次回から。



今回はここまで。
次回は「網張り」についてです。

最後までおつきあいくださり
ありがとうございました。



  • ライブドアブログ