こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を
紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
最近はこのゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。
今回は、「出穂(しゅっすい)」についてです。

「天穂のサクナヒメ」の出穂。
IMG_2964
雨降ってるし。

すか田んの出穂。
DSC02243
黄色っぽいところが出穂したところです。

よく考えたら、すか田んの田んぼのうちの1つは、
サクナヒメの田んぼと規模がほぼ同じかも。
DSC_0009


 ぜひ!お願いします!




「出穂」とは、稲の穂が出ることです。
DSC_0052 (2)
水と肥料がたくさん必要な時です。



田植えから2か月くらいすると、
根元のあたりが太くなり、茎の中に「穂のもと」ができます。
出てくるまでを「穂孕み(ほばらみ)」と言います。
IMG_7821
根元のようす。普通は露出していませんが、
これはたまたま虫にかじられて、
中が見えてしまっています。



根元が太くなってくると、
わくわくして田んぼに行くのが楽しみになります。



ふくらんだ茎はだんだん上に上がってきて、
茎を割って「穂」が出てきます。

IMG_7824
だいたい真ん中あたりまで上がってきています。
一番上の葉の根元です。
ピントが合っていませんが…。



このときの「穂」は、まだ「花」です。
米の形をしていますが、米は入っていません。
しばらくすると、米に当たる部分が割れて、
つぶつぶのおしべが出てきます。
DSC_0052
徐々に、穂が葉の高さを抜いていきます。



「天穂のサクナヒメ」では、
田植えから稲刈りまでがあっという間で、
あわあわしているうちにそだってしまいます。

出穂も、ゲーム内では1日でぐんぐん穂が伸び、
翌日には稲刈りですよね。

現実でも手作業で米を作っている身としては、
(ゲーム上の米の品質はともかく)
ゲームは手間いらずで勝手に育ってありがたい、
という印象です。




さて、穂が葉より高くなると、
実が入りその重さで穂が垂れてきます。
IMG_0105(2)
こうなると急にそわそわし始めるヒトとスズメ。
そう、出穂は、
米(正確には籾の中のミルク)をめぐる
熱き戦いの合図なのです。

戦いの詳細は、次回から。



今回はここまで。
次回は「網張り」についてです。

最後までおつきあいくださり
ありがとうございました。