すか田んブログ

よこすか田んぼ研究会のブログです。 田植え体験、稲刈り体験やってます。

田植え期

田植え

こんにちは。
今回は、田植えについてです。
ちょっと長くなるかも。
IMG_2565

DSC03058
すか田んの田植え。

田植えとは、
「苗代(なわしろ、なえしろ。苗を育てる田んぼや容器。)で育てた稲の苗を、
水田に移し植えること」です。

田植えのおおまかな手順は、

 苗を持って水の入った田んぼに入る。
       ↓
 苗を泥に差し込み植えていく。

といった感じになります。



すか田んの苗代。
DSC_0994
これは買ってきた苗代です。

田んぼで作ると芽が出る前に食べられてしまうので、
自分で作る時も田んぼではなく、
自宅の庭で容器を使って育てます。
IMG_0531



さて、苗は用意できました。
すか田んでは、苗を腰につけたりはせず、
大きいかたまりで手に持ち、
田んぼにもいくつか散らしておきます。
IMG_0878
雑。



20~30㎝くらいの等間隔に植えます。
一直線だと成長も揃うし、
草取りや稲刈りも楽なのですが、
やはり目印がないと、
まっすぐに植えるのはむずかしいです。

目印をつける道具はいろいろあります。
まずは竹。手軽です。
田んぼに置いて、
節のところに苗を植えます。
竹竿
師匠は几帳面なので、節は無視して
マジックで等間隔に印をつけていました。

びびら?と呼ばれる道具。
地面をひっかいて、印をつけるそうです。
びびら

田植え定規。転がして印をつけるそう。
田植え定規



すか田んでは、
ロープで作った手作りの道具を使っています。
IMG_0865
30㎝間隔に、結束バンドをつけています。

結束バンド
 ↑これです。

ロープはぬれても洗っても大丈夫だし、
田んぼに合わせて長さを調整できるので、
とても便利です。

赤3つ→青3つ→黄3つ…と並べているのは、
1人分の3か所が色で分かるようにするためです。
慣れた人は、3色9か所に植えたりします。



田んぼに入る時は、
田植専用の足袋(たび)か、長靴をはきます。
足袋のない時代は、はだしだったのかも。

普通の長靴で入ると、
IMG_0637
抜けなくなります。

PA211891
これは稲刈りの時ですが、勇者の剣みたいになってます。
すか田んでは「ヒトのぬけがら」と呼んでいます。



田んぼに入ったら、
ロープに沿って一直線に並び、
ようやく苗を植えます。
UGND9753

苗のかたまりから、
できるだけ根が切れないように
植える分だけちぎります。
すか田んでは5本くらいですが、
1~7本と、地域や方針によって違います。
何本で植えても収量は同じらしいです。

ロープの印のところに植えます。
DSC03050

指3本で根元をやさしく持ち、
根が泥で隠れる深さに植えます。
手の指の第2関節まで、とよく言われますが、
田んぼの泥の中では正直よくわかりません。

水が深いとすぐに浮いてきてしまうし、
深植えすると成長が遅くなるらしいです。
そのへんは感覚で、なんとなく植えてます。
P6105715
こんな感じ。



ロープの印全てに植えたら、
全員一斉に下がってロープをずらし、
自分の足跡を手でならしてから、また植えます。

速い人も遅い人も合わせてやらないと、
ただでさえ疲れるのに、険悪になります。
IMG_0675
疲れた・・・。

できるだけかがんだ体勢を変えない方が楽なのですが、
かがんだまま待っているのもつらいので、
速い人は起き上がって待つことになります。
かがむ→起き上がる の繰り返しは地味に腰にきます。
待つ時間は最小限にしたいところなのです。
DSC_0032 (3)

それぞれが別々に植える方法もあるのですが、
それだとお互いが離れているので雑談ができません。
一人でやると、田んぼの作業はよりきつく感じます。
「雑談」は、田んぼの必須アイテムの1つです。

「サクナヒメ」のエンディングの「田植え唄」は最高!
初めて聞いたときは、
あまりの感動に涙が止まりませんでした。
田植え唄
こんな歌なら、田植えもどんどん進む気がします。



みんなでわいわいと田植えをしていると、
よく雉(きじ)が見に来ます。
DSC03074
「けんけーん!」と呼ぶと、すごくおこります。
(鳴き声から、勝手にそう呼んでるだけです)



ようやく田植えが終了!
やっぱり長くなっちゃいました…。
IQCF5491
今回はここまで。
次回は、「草取り」についてです。



畦(あぜ)

こんにちは。
今回は、畦(あぜ)についてです。
aze

DSC_0361(2)
すか田んの畦。

畦(あぜ)とは、
「田と田とを分ける境界」のことです。
田んぼの間の道のようなものですね。
田んぼより高くなっています。

田んぼが広いと土に高低差ができ、
水が均等に行き渡らないため、
泥で道を作り、区分けをするのです。

「後ろ足で畦を崩す」とは、
畦に気づかず下がりながら田植えしていたんでしょう。
DSC_0041 (3)
すか田んの田植えのようす。
「やっと終わりかー」と、普通はまあ畦に気づきます。



代々使っている畦は、ある程度幅もあり丈夫です。
でも、徐々に田んぼの水で削られ、
畦が細く、田んぼが大きくなる傾向があります。
DSC_0027
すぐに草が生えるので、毎週のように草刈りをします。
草刈りをしないと、何をするにも作業がしづらいです。

稲が育ちやすい環境にしてあるので、
当然他の植物もぐんぐん育つんです。

池を作ったり、違う種類の米を植えたりするために
新たに作った畦は、しばらくは壊れやすいです。
DSC_0356(2)
池の畦。表面は乾いていますが、下は水を吸って柔らかく、
大人が載ると沈みます。

畦には「くろ」と呼ばれる、泥を塗る部分があります。
DSC_0205(2)
畦だけだと草が生えたり、水がもれたりしますが、
クロを塗ると水がたまるようになります。
畦と書いて「あぜ」「くろ」と読んだり
畦だったり畔だったり…。ややこしいですね。

クロ塗りは重労働です。
まず、まんのうで泥をすくい、畦に寄せます。
DSC_0056
泥は水を含み、とてつもなく重いです。
もれなく腰をやられます。

次に、その泥を足で畦に押し付けます。
DSC_0060
これも大変な上になかなか進みません。
みんなで世間話でもしながらでないと、
とてもじゃないけどやってられません。

しかも、田んぼの師匠は一度塗ったクロを壊し、
3回くらい塗り直すらしいです。ひー!

でも、このクロ塗りをしないと、
田んぼに水がたまりません。
適当だと、せっかくやってもすぐ水もれします。
また、側面が垂直でなく斜めだと、
誰かに踏まれて穴が開くことが多いです。

ここまでやって、
ようやく田植えができるのです。

今回はここまで。
次回は、「すずめ」についてです。


ああ

水を入れる

こんにちは。
今回は、水についてです。
3mizu

DSC03037
すか田んの田んぼの給水口。



田んぼの水入れとは、
用水路などから田んぼに水を入れることです。

川や池から水路を引いてきて、水門を作り、
好きなタイミングで入れたり止めたり、
水位を変えたりできるようにしておきます。

たがやす作業は、一般的には、

①田起こし(荒起こしなど)
 ↓
②代かき   の順で行います。

「田起こし」では乾いた状態でたがやし、
DSC_0778

「代かき」では水を入れてたがやします。
60

DSC_16592
毎年一度は抜け出せなくなります。

水と土をまぜて「泥」にして、
田植えができる状態にする作業です。
代かきの時に水路から田んぼに水を入れるのが
最初の水入れです。



水については、書きたいことがたーくさんあります。

まず言いたいのは、
   水は思い通りにならない
ってこと。
雨がずーっと降らないと川の水も減るし、
乾燥させたい稲刈りの時期に降り続いたりもするし。

水路も、すぐに詰まるし壊れるし。
生命は水場に集まりますから、草が猛烈に生えるんです。
U字溝みたいに、人工物なら扱いもいいんですが、
そんなお金も道具もないし、
そもそも借りている土地なので勝手にできません。

田んぼも、漏れたり染み込んだりしてなかなか水が溜まりません。
もぐらが穴を開けたりもします。
一度壊れると、湿った状態なので直しにくいです。

さらに、川から離れた休耕田を復田しようとすると、
途中までの田んぼもやめているため、
水路が埋まってしまい、使えないことが多いです。

すか田んは、去年までの田んぼは川下にあったため、
田んぼ脇の川の水は1mくらい低い所にあり、
ガソリンポンプでCO₂を大量にまき散らしながら水をくみ上げ、
一番高い所に作った池まで
水路の代わりに長ーいホースで運んでいました。
矛盾した環境活動…。
IMG_6782
田んぼの脇の川。右が上流側、左が下流側です。
左右の壁に板を挟む金具がついていて、
そこに板を渡してダムを作れるようになっています。
溜まった水にポンプの取水側のホースをつっこみ、
動力で汲み上げます。

77
ガソリンポンプ。上が川、下が池につながっています。
毎日汲み上げないと、田んぼが干からびてしまいます。
手間もお金もかかります。

DSC_0052
池までのホース。一番高い所まで水をもっていきます。

IMG_6777
ホースを草刈り機でやっちまったところ。

DSC_0717
ため池。これは冬の様子です。
ここまでホースをのばし、川の水を入れます。
一旦ここに溜めることで、水を温める効果もあります。
みんなで掘りましたが、川の泥が入り、すぐに埋まってしまいます。

新しくお借りした田んぼは、
川のダムから直接取水口(2番目の写真)がついていて、
勝手に水が入るシステムで助かっています。
取水の調整がちょっと面倒なので、
排水で水位を調整するスタイルです。

おそらく川上から偉い順に土地を決めていったんでしょうね。

今回はここまで。
次回は「畔(あぜ)」についてです。

第1回 籾(もみ)の芽出し(めだし)

こんにちは。
慣れていないため、
遅くなってしまいました。

今回は、芽出し(めだし)についてです。

芽出しとは、
お米の種を水やぬるま湯に浸けて、
発芽させることです。

辞書には、
①草が芽を出すこと。新芽。
②物事の始まり。
とあります。
S__22618114

ところで、
お米(正しくは稲)の種って、見たことありますか?

かきのたね
これは柿の種。

実は、お米の種って…お米です。
当たり前ですが、
意外と知らない人も多いのでは。

茶色の殻に包まれていて、
籾(もみ)と呼ばれます。
籾が、稲の種です。
もみ

田んぼを始めた頃、子どもに
「どーしておこめまいてるの?」
と言われ、
たしかに!と思ったものです。

籾をむくと、中からお米が出てきます。
初めて見る方は、たいてい
「わー!お米が入ってた!!」
と驚かれます。

畑や植木鉢に直接まく植物も多いですが、
稲の種は田んぼに直接まきません。
生育を揃えるため、など
理由は色々あると思われますが、

もし田んぼにばーっとまいたら、
すぐにすずめたちがわーっとやってきて
一瞬で食べ尽くしてしまうでしょう。

芽出しから田植えまでの手順

1 塩水選 ←よい種もみを選ぶ
P5060064

   ↓
2 消毒液 ←病気を防ぐ
   ↓
3 水に漬ける ←発芽の準備
   ↓
4 温水に漬ける ←これが芽出し
芽出し
   ↓
5 育苗トレーに蒔く
   ↓
6 田植え

というかんじです。

すか田んでは、
苗を買ってくることが多いですが、
気が向くと籾から苗を作ることもあります。
やりかたは田んぼの師匠に1つ1つ教えてもらいました。

ただ、すか田んはビニールハウスなんてもちろん持ってないので
米をまいた育苗トレーを庭や田んぼに放置しようものなら、
あっという間にすずめにやられてしまいます。
9
土をかける前の籾と育苗トレー。

田植えの前から、
すでに米づくりは戦闘モードです。
  • ライブドアブログ