こんにちは!
見に来てくださり
ありがとうございます!

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の
活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
活動のない冬の間は、
ゲームに出てくる手順にそって
これまでの活動を振り返っています。

今回は、いよいよシリーズ最終回!
「籾(もみ)すり・精米」についてです。

「天穂のサクナヒメ」の籾すり・精米。
もみすり
たいへんそう。足でやるやつもたいへんそう。

すか田んの籾すり・精米。
DAPQE8938
これは籾すり体験。




ぜひ!お願いします!




「籾すり(もみすり)」とは、
「籾から籾殻(もみがら)を取り除いて玄米にすること」です。

「精米(せいまい)」とは、
「穀物(こくもつ)をついて表皮をとり白くすること」です。
玄米を削って、まわりの茶色い「ぬか」を取ります。

正しくは「精白(せいはく)」というそう
です。

ちょっとややこしいですが、かんたんに言うと、
  もみすり = もみがらをむく
  せいまい = ぬかをとる

ってかんじです。

籾がら。
もみがら
畑にまいたりします。

ぬか。
ぬか
ぬか床でおなじみです。


さて、すか田んの籾すりですが、
体験では、すり鉢と野球ボールを使います。

IMG_0771
籾をつぶすようにこすると…

籾がらが割れて、玄米が出てきます。

IMG_0773
籾がらを取り除いたところです。

体験会の参加者さんには楽しいようで、
はまってずーっとやっている方もいます。



でも手作業だと、稲穂1本で5~10分かかります。
いっぺんにたくさんはできません。
 ごはん1杯=稲1株  なので、
稲穂20~30本として、
  2時間くらいで玄米ごはん1杯
ができる計算になりますね。

機械がなかったころは
どうしてたんだろう…。



精米体験は、やっていません。
かんたんな道具で、となると
とほうもなく時間がかかるので。



じゃん!も~み~す~り~せ~い~ま~い~き~!
IMG_2805
いいのか、こんなに機械を買ってしまって。

上のじょうご型の部分に籾を入れます。
右の穴から籾が落ちていき、左の穴から上がってきて
循環しながら籾がらとぬかが
少しずつ取れていく仕組みです。
IMG_2806

下のコックを開けると、米がざらざらと出てきます。
IMG_2809
籾がらがけっこう残ってたりします。

こちらからは籾がらとぬかが出てきます。

IMG_2808
「籾がら」と「ぬか」は別のものですが、
この機械では一緒にまざって出てきます。

サクナヒメの籾すりも、精米を兼ねています。
もみすり
こんなん、手でやる作業じゃないわ。
ゲーム内ではさらっと終わるけど、
機械がなければ冬の間ずっとやるか、
食べるたびにやることになりそう。

「田右衛門、せめてこれくらいやれ」
とか言われて、全てこなごなにしてしまい、
「やっぱり頼まなければよかった」
となるんだろうな。



むか~しむかし、
稲作が始まったばかりのころは、
からはむかずに食べていたんじゃないかと思います。
道具なしでむくのは大変な作業だからです。



道具ができて、からがむけるようになったら、
  「むいたコメうま!」
と玄米がおいしいと感じていたことでしょう。

「まわりのぬかを削って中だけ食べたい」、
と言い出した人が出てきたときは、
  
もったいないしそんなことむり」
という反応が多かったのではないでしょうか。
強行した人、えらすぎです。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます。

このシリーズは一旦おしまいです。
次からはリアルの田んぼをお伝えします。
よかったらまた見に来てくださいね!