こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」
の活動を紹介するブログです。


米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が
人気ということで、
最近はゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。


今回は、「脱穀」についてです。

ゲームの脱穀。
014
これは…あつかいが難しそう。

すか田んの脱穀その1。
PA230646 - コピー
初めての方向けの「脱穀体験」。

すか田んの脱穀その2。
IMG_2051
脱穀機!



ぜひ!お願いします!




「脱穀(だっこく)」とは、
「収穫した穀類を茎から外すこと」です。
稲穂の「穂=籾(もみ)」を、
何らかの方法でばらばらっととる作業です。

1つぶ1つぶ手で取ってられないので、
昔からさまざまな道具が作られてきました。



「天穂のサクナヒメ」では、
このひと冬(リアルなほう)で
10年分(バーチャルのほう)くらい
米を作りました。

その間に、脱穀の道具は
はさむタイプのものから
「千歯(せんば)こき」に進化しました。

IMG_2926
ざるにほとんど入ってない…。



さらに「足踏み式」まで出てくるとか。
EnQXNvlVgAEEZDQ
この時代にしてはかなりハイテク。

すか田んは回転式を持っていませんが、
知り合いの農家さんにやらせてもらったことがあります。
IMG_6332
めちゃくちゃ飛び散るし、
ちょっとしたこつがいるし、
(タイミングが合わないと逆回転になる)
回転するドラムの突起がけっこう危ないです。

でも、すごく便利です。
登場した時は、さぞかし
 「ナニコレすげー便利!考えた人天才か!」
ってなったでしょうね。

今でも中古がたくさん出回っているので、
日本中で使われていたことが分かります。



さて、
すか田んぼの脱穀ですが、
「手作業」と「機械」の
2種類でおこなっています。

手作業は、稲刈り体験のビジターさん向けです。

ペットボトルに穂を差し込んで…
IMG_0759

割りばしで押さえてひっぱる!
IMG_0762
脱穀体験の様子は、
以前の「稲刈り体験」の記事に載っています。
よかったら、チェックしてみてください。



そして、大量の稲のほとんどは機械で脱穀します。
IMG_2030
じゃじゃん!脱穀機です!!
農家でもないのに、たぢからが買いました!


田植えも草取りも稲刈りも手作業ですが、
耕運と脱穀、精米は機械がないと
とてもじゃないが追いつきません。

田んぼをやるには、
重機の問題は避けられないです。



稲束(いなたば)を広げて機械にはさみます。
IMG_2051

ローラーで中へ送られていき…
IMG_2050

穂が外され…
IMG_2062

反対側から出てきます。
IMG_2056

手元側に取り付けた袋には、籾(もみ)が入ります。
IMG_2067

実はこの機械、
中に「回転ドラム」が入っています。
回転式はそれだけ画期的なんですね。



現代の農家さんは、
さらに最新の「コンバイン」で稲刈りと脱穀をします。



もみのなくなったわら。しばって立てておきます。

PB050728

わら布団です。
IMG_6285



ちなみに・・・
ゲームでは作業を途中でやめさせてくれないため

もたもたしているとゲーム内で夜になってしまいますが、
リアル田んぼでもよくあります。

明日は雨、とか
あと少しで終わる、とか
次に来るのは1週間後、とか、
 「どうしても今日中に終えなくては!」
という時は、こうなります。
PA090604

車のヘッドライトで照らされる脱穀作業。
PA090606
田んぼは基本的に周りも田畑で明かりがないので、
あたり一面真っ暗闇の中ここだけ明るいと、
遠くからは
   火の玉か妖怪 
に見えると思います。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます。

このブログの記事は
毎週金曜日の18時UPを
目標にしているのですが、
先週の金曜日はさぼってしまいました。

リアルの田んぼが始まりそうで、
焦っております。

毎年応募が殺到する
「田植え体験」
「稲刈り体験」ですが、
2020年はコロナの影響で
実施できませんでした。

でも今年2021年は再開したいです。
1回の人数を10名程度にして、
数回に分けて受けようかと模索しています。
決まり次第、
このブログでお知らせします。

「ソレイユの丘」での田んぼ体験も
実施する予定です。
そちらは
「ソレイユの丘」のホームページを
チェックしてください。



次回は、「籾すりと精米」についてです。
田んぼの作業編、ようやく最終回!

よかったらまた見に来てくださいね!