こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム
「天穂のサクナヒメ」が人気ということで、
最近はこれまでの活動を
このゲームに出てくる手順に沿って
ふりかえっています。

今回は、前回の予告を変更して、
「餅つき」です。


ぜひ!おねがいします!!



米には「うるち米(まい)」と「もち米(ごめ)」
の2種類があります。
すか田んでは、両方育てていて、
とれたもち米で、毎年餅つきをしています。

今年は家族だけでの餅つきです。



毎年当日はてんてこ舞いで
写真なんてろくに撮れないので、
準備の時に写真をたくさん撮りました。
「餅つきをやってみたい!」という方は
参考にどうぞ。



餅つきの準備は、
前日から始まります。
まずは火もしの準備から。

かまど。加熱調理する囲い全般の総称で、
これは簡易型です。
この中で薪(まき)を燃やします。
IMG_2812
炭治郎、かっこよかったなぁ…。



羽釜(はがま)を乗せます。
IMG_2814
羽釜は、まわりに金属の輪がついた鍋のようなものです。
ここに水を入れ、お湯を沸かします。

もち米をかけると、
ここのお湯がみどりになるから不思議です。



せいろを羽釜の上に乗せます。
IMG_2817
羽釜の蒸気でせいろのもち米を蒸します。
羽釜とせいろのサイズが違うと、
蒸気がもれてしまいます。



ふた。重い方がよい。
IMG_2824
量にもよりますが20~30分程度で蒸しあがります。
全体に熱が回ってからは、短時間になります。
火の番が上手な方は、
最小限の薪、最短の時間で焚くことができます。




いつも2段です。
IMG_2826
2つのせいろは時間差で乗せます。
上は先に乗せた方、下が後からの方です。
それじゃ逆だ、という方もいますけど。



お湯をすくうひしゃくと、
米の硬さを確かめるしゃもじをセット。
IMG_2836
実は蒸したてのもち米ご飯が1番おいしい説。



せいろの中はこんなかんじです。
IMG_2820



せいろの底にすのこを敷きます。
IMG_2821



その上に蒸し布。
IMG_2822



もち米を入れたら包みます。
はみ出していると、燃えてしまいます。
IMG_2823
前日なのでまだ入ってませんが。



お次は、時計型ストーブです。
IMG_2828

お湯をわかしたり、汁物を温めたりします。
IMG_2833



その次は臼(うす)。熱湯を入れ、一晩浸水させます。
IMG_2841
割れ目からもれてる…。しばらくすると止まります。
「使ってくれるなら」と近所の方にいただきました。



杵(きね)、つきん棒も水に浸けます。
IMG_2840
これも近所の数人の方から。



つきん棒(つきんぼ)は近所の方の手作りです。
IMG_2834



手返し用のボウルとしゃもじ。
IMG_2837
手返しは水だと餅が硬くなるので、熱いお湯がいいです。
熱いけど。



餅を受ける大きいボウルと、のし棒、のし袋、餅とり粉。
IMG_2838
のし袋は密封できる袋のLサイズを使っています。



もち米を一晩水に浸けます。
前日からなので、当日量を増やしたり、
減らしたりはできません。
IMG_2842
研ぐまえからすごい白濁っぷり。
自家製米って、こんな感じです。



前日の準備はここまで。



いよいよ当日です!
IMG_1914



湯気が上がって、いい匂いが広がります。
IMG_2854



蒸しあがったら、うすにもち米を入れます。
IMG_1917
すのこ、むし布は取ります。
すぐに次のせいろで使うので。



うすに移したもち米。
IMG_1918



つきんぼでつきます。
初めから杵でつくと、米が飛び散ります。
IMG_9329

みんなでつくと早いし、楽しい。
IMG_9348



ようやく餅つきです。
IMG_2877

動画があります!




餅ができた!早く食べたーい!
でも、1うす目(ひとうすめ)は木くずなどが気になるので
鏡餅(かがみもち)にします。
IMG_2890
鏡餅はお湯に受けず、臼から直接粉に乗せます。
水分が多いと、すぐにカビがきてしまいます。
写真のボウルのもちは、食べる用です。



今度は、上手な人の登場です。




食べる分は、2うす目から。
ボウルにお湯を100mLくらい入れ、
臼からそこに餅を受けます。
IMG_2891
けんちんじる、しるこ、きなこ。
寒いから、温め直しができる味付けで。

このほかにも
臼に直接入れて混ぜる
「のり餅(あおのり)」
「かんころ餅(さつまいも)」
などの「まぜ餅」もあります。
臼が汚れるから、
まぜ餅をやるところは少ないですが。



たくさん食べたら、
残りは伸し餅(のしもち)にします。
写真はないのですが、
袋に直接入れて、のします。

おなかがいっぱいになると、
誰も餅つきをしたがらなくなるのですが、
前日から浸けていたもち米はとっておけないので、
みんなに声をかけ、
交代でついてもらいます。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます!

次からは米づくりの手順に戻ります。
次回は「出穂と網掛け」です。