こんにちは。
見にきてくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が人気ということで、
最近はゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。

今回は、2020年最後の記事です。
前回に引き続き、
田んぼの作業ではなく
「わら飾り」についてです。
IMG_5432




 ぜひ!お願いします!



わらは、稲の茎です。
数十年前までは、
秋に稲刈りから脱穀、精米、貯蔵まで済ませると、
冬の間は残ったわらやぬか、もみ殻などで
さまざまな道具を作ってきたそうです。

その中から、
大みそかに作る「正月の輪飾り」を紹介します。
今回も写真はすか田んのオリジナルです!



おおまかな手順はこちら。
わら細工の手順



まずは「縄綯い(なわない)」。
これができないと始まりません。
わらを数本ずつ2束に分けて持ち、
両手をこすり合わせてねじっていきます。
IMG_1377
縄綯いの写真がほとんどなかった…。
だって、両手を使うから自分では撮れないし、
できる人は速いから撮れないし。

わらの本数は、10本ずつ3束。
本当は奇数が縁起がいいとかなんとか。
でも好きな太さになる数でいいと思います。
3束のうち1束は、あとで使います。

綯いのしくみはこんな感じです。
縄綯いイラスト

2本同時にひねるのがむずかしい。
IMG_1379

3人で綯うやり方もあります。
縄綯い3人で



なわができたら、
残していた1束をねじりこみ、
「注連縄(しめなわ)」にします。
写真が見つからない…。



輪っかにします。
IMG_2385
ちなみにこれは普段用の「右綯い」だそうです。
ハレの日には、「左綯い」がいいんだとか。
でもまだできないから!

一度はかぶるよね。
IMG_5324



次は飾りです。一番楽しい作業!
IMG_5165

松葉、南天、裏白などは1つ1つに意味がありますが、
「いい気分になる」を基準に飾ればいいかなと。
IMG_1474

IMG_1381
身近な物だけで生活していたころは、
かざりも葉っぱとかきれいな実とかを見つけてきて、
精一杯華やかにして、
意味は後からつけたんだと思うのです…。



これは、玄関の上などにつける「〆縄(しめなわ)」。
IMG_1718

長く綯う時は、途中でこのようにつぎ足します。

IMG_1472

これは、出入り口などにつける「輪〆(わじめ)」。
IMG_1719

ほかにもいろいろあります。地域によってもさまざまです。
IMG_1477
ヒトガタのものも。

周りに飛び出たわらは、わらでこするときれいに取れます。
PA290726

ついでにほうきも作りました。
IMG_1723

ついでのついでにこんなものも。
IMG_5582



わらのしばり方。親指を挟むように1周巻いて…
IMG_1461

もう1周巻いて…
IMG_1462

残りを親指のところに押し込み、根元を引っ張って締めます。
IMG_1463
簡単そうに見えますが、
「あれ?あれ?」となります。


途中にわら(〆の子)を挟むときは、
竹で穴を開けてから。
IMG_6465

竹の節をうまく利用した、こんなわら用の針もあります。
PA290736

先人の知恵や技術にふれるたびに、
「伝統」とは「創造」の積み重ねである、
と感じます。


せっかくある知恵や技術も
現代では必要がないため、
誰にも伝えられずに失われていっています。

80代の方でも、
「親が草鞋(わらじ)を編んでくれた」
と言われます。
ご自分では編んだことがない方が多いのです。
PA290732
わらじを編む道具も手作りだそうです。



2017年には、すか田んのわらを
神社のしめ縄に使っていただけることになり、
見学に行ってきました。
IMG_0775
めちゃくちゃ誇らしい!

大人数人がかりで、わらを綯っていきます。
IMG_1467

〆の子も大きい!
IMG_6478

これはわらを叩く道具です。
IMG_6471

ぬらして叩くと、わらが柔らかくなり、加工しやすくなります。
IMG_6470

すか田んでは、ゴムづちで叩いています。
1495936026973



以上、
いろいろ紹介したくて
また写真だらけになってしまいました。

今回はここまでです。
最後までお読みくださり
ありがとうございます。
次回は、「出穂と網掛け」についてです。