すか田んブログ

よこすか田んぼ研究会のブログです。 田植え体験、稲刈り体験やってます。

田植え

こんにちは。
今回は、田植えについてです。
ちょっと長くなるかも。
IMG_2565

DSC03058
すか田んの田植え。

田植えとは、
「苗代(なわしろ、なえしろ。苗を育てる田んぼや容器。)で育てた稲の苗を、
水田に移し植えること」です。

田植えのおおまかな手順は、

 苗を持って水の入った田んぼに入る。
       ↓
 苗を泥に差し込み植えていく。

といった感じになります。



すか田んの苗代。
DSC_0994
これは買ってきた苗代です。

田んぼで作ると芽が出る前に食べられてしまうので、
自分で作る時も田んぼではなく、
自宅の庭で容器を使って育てます。
IMG_0531



さて、苗は用意できました。
すか田んでは、苗を腰につけたりはせず、
大きいかたまりで手に持ち、
田んぼにもいくつか散らしておきます。
IMG_0878
雑。



20~30㎝くらいの等間隔に植えます。
一直線だと成長も揃うし、
草取りや稲刈りも楽なのですが、
やはり目印がないと、
まっすぐに植えるのはむずかしいです。

目印をつける道具はいろいろあります。
まずは竹。手軽です。
田んぼに置いて、
節のところに苗を植えます。
竹竿
師匠は几帳面なので、節は無視して
マジックで等間隔に印をつけていました。

びびら?と呼ばれる道具。
地面をひっかいて、印をつけるそうです。
びびら

田植え定規。転がして印をつけるそう。
田植え定規



すか田んでは、
ロープで作った手作りの道具を使っています。
IMG_0865
30㎝間隔に、結束バンドをつけています。

結束バンド
 ↑これです。

ロープはぬれても洗っても大丈夫だし、
田んぼに合わせて長さを調整できるので、
とても便利です。

赤3つ→青3つ→黄3つ…と並べているのは、
1人分の3か所が色で分かるようにするためです。
慣れた人は、3色9か所に植えたりします。



田んぼに入る時は、
田植専用の足袋(たび)か、長靴をはきます。
足袋のない時代は、はだしだったのかも。

普通の長靴で入ると、
IMG_0637
抜けなくなります。

PA211891
これは稲刈りの時ですが、勇者の剣みたいになってます。
すか田んでは「ヒトのぬけがら」と呼んでいます。



田んぼに入ったら、
ロープに沿って一直線に並び、
ようやく苗を植えます。
UGND9753

苗のかたまりから、
できるだけ根が切れないように
植える分だけちぎります。
すか田んでは5本くらいですが、
1~7本と、地域や方針によって違います。
何本で植えても収量は同じらしいです。

ロープの印のところに植えます。
DSC03050

指3本で根元をやさしく持ち、
根が泥で隠れる深さに植えます。
手の指の第2関節まで、とよく言われますが、
田んぼの泥の中では正直よくわかりません。

水が深いとすぐに浮いてきてしまうし、
深植えすると成長が遅くなるらしいです。
そのへんは感覚で、なんとなく植えてます。
P6105715
こんな感じ。



ロープの印全てに植えたら、
全員一斉に下がってロープをずらし、
自分の足跡を手でならしてから、また植えます。

速い人も遅い人も合わせてやらないと、
ただでさえ疲れるのに、険悪になります。
IMG_0675
疲れた・・・。

できるだけかがんだ体勢を変えない方が楽なのですが、
かがんだまま待っているのもつらいので、
速い人は起き上がって待つことになります。
かがむ→起き上がる の繰り返しは地味に腰にきます。
待つ時間は最小限にしたいところなのです。
DSC_0032 (3)

それぞれが別々に植える方法もあるのですが、
それだとお互いが離れているので雑談ができません。
一人でやると、田んぼの作業はよりきつく感じます。
「雑談」は、田んぼの必須アイテムの1つです。

「サクナヒメ」のエンディングの「田植え唄」は最高!
初めて聞いたときは、
あまりの感動に涙が止まりませんでした。
田植え唄
こんな歌なら、田植えもどんどん進む気がします。



みんなでわいわいと田植えをしていると、
よく雉(きじ)が見に来ます。
DSC03074
「けんけーん!」と呼ぶと、すごくおこります。
(鳴き声から、勝手にそう呼んでるだけです)



ようやく田植えが終了!
やっぱり長くなっちゃいました…。
IQCF5491
今回はここまで。
次回は、「草取り」についてです。



すずめ

こんにちは。
今回は、すずめについてです。
すずめのことも、いいたいことがたくさんあります。
IMG_2558

IMG_0338
田んぼのすずめ。この後脱出しました…。

雀(すずめ)とは、
「スズメ目ハタオリドリ科の鳥。
人家周辺や農耕地に普通にみられ、
全長14センチくらい。
頭は茶色、ほおとのどに黒い点がある。
背は茶色に黒い斑点があり、腹は灰白色。」
だそうです。
いわずとしれた、みぢかな鳥ですね。

「天穂のサクナヒメ」で
すずめが敵キャラ(雀鬼)で出てきたときは、
「お~よくできてるな~」と感心しました。
田んぼをやっていると、やっつけたくなりますから。



ゲームではすずめは田んぼにきませんが、
(あとで出てくるのか?)
現実では毎年秋、田んぼにすずめが大挙して
米を食べつくしてしまいます。
IMG_1728
食べられてしまった稲穂。まじぴえん…。

8月の終わりごろ、
1~2羽ずつに分かれて田んぼを回り、
実り具合をチェックします。
すずめの斥候隊です。
すずめ
かわいいんですけどね。

夕方になると、
「すずめのおやど」と呼ばれる大きい木に集まり、
情報交換が行われます。
どこの田んぼはそろそろだとか、たくさん実ってるとか。
雀のお宿
駅前とかでよく見かけます。毎年同じ木に集まる気がします。
「どうだった?」「今年の出来はいまいちだね」
なんて言ってるのかも?

一斉にくるのは稲穂が完熟前の時期。
早朝「それー!」と仲間を引き連れてやってきて、
まだやわらかい実をくちばしではさみ、
中のミルクを吸うのです。

網を張っても、みんなでのしかかったり、
すきまを見つけたりと、
あの手この手で食べようとします。
すずめは、かなりかしこいです。
IMG_0125
すずめよけの網。2センチ角の網目でも出入りします。

地域によっては、
網をかけなくてもすずめが来ないところもあるようです。
同じ地域でも、ここだけ来ない、という田んぼもあります。
なぜ?どなたか理由をご存じですか?



スズメ(ほかの鳥も)を捕まえることは、
鳥獣保護法第8条」で禁じられています。
野鳥に対しては、どんなに憎くてもディフェンスのみなのです。

害鳥ですが、同時にすずめは益鳥でもあります。
稲を食べるバッタなどを捕食するからです。
すずめがいなくなったら、
ほかの面で困ることが出てきます。

それに、彼らは意図して悪いことをしているわけではありません。
食物を探して、採って、食べているだけのことで、
やっていることは人と変わりません。
「害」「悪」「迷惑」などは、人から見て、の視点です。

すずめは、「田んぼは人のもの」とはわかりません。
彼らの方もきっと、
「じゃまなニンゲンたちだなあ。
はやくどいてくれないかなあ」
とか思っていることでしょう。

そうは言っても、ほんとに困ります…。
姿を見れば、「こらー!」と言いたくなります。
「捕まえて食ったろか」と思ってしまいます。



台風などで網が破れたり、めくれたりすると、
稲穂はすずめに食いつくされて、ほぼ全滅になったりします。
半年かけて「ほうき」を作ったかと思うと
本当に泣けてきます。
おまけに、すずめに餌を与えて増やすことにもなるし。
1440899351546
食べられてしまった稲穂。軽くなり、直立しています。



稲刈り後も気は抜けません。
はさがけを狙って、すずめはずっと待機しています。
IMG_0558
すか田んのはさがけ。寒冷紗でガードします。

こうしてすか田んでは、
毎年すずめとの激しい攻防戦が繰り広げられています。



今回はここまで。
次回はいよいよ「田植え」です。

畦(あぜ)

こんにちは。
今回は、畦(あぜ)についてです。
aze

DSC_0361(2)
すか田んの畦。

畦(あぜ)とは、
「田と田とを分ける境界」のことです。
田んぼの間の道のようなものですね。
田んぼより高くなっています。

田んぼが広いと土に高低差ができ、
水が均等に行き渡らないため、
泥で道を作り、区分けをするのです。

「後ろ足で畦を崩す」とは、
畦に気づかず下がりながら田植えしていたんでしょう。
DSC_0041 (3)
すか田んの田植えのようす。
「やっと終わりかー」と、普通はまあ畦に気づきます。



代々使っている畦は、ある程度幅もあり丈夫です。
でも、徐々に田んぼの水で削られ、
畦が細く、田んぼが大きくなる傾向があります。
DSC_0027
すぐに草が生えるので、毎週のように草刈りをします。
草刈りをしないと、何をするにも作業がしづらいです。

稲が育ちやすい環境にしてあるので、
当然他の植物もぐんぐん育つんです。

池を作ったり、違う種類の米を植えたりするために
新たに作った畦は、しばらくは壊れやすいです。
DSC_0356(2)
池の畦。表面は乾いていますが、下は水を吸って柔らかく、
大人が載ると沈みます。

畦には「くろ」と呼ばれる、泥を塗る部分があります。
DSC_0205(2)
畦だけだと草が生えたり、水がもれたりしますが、
クロを塗ると水がたまるようになります。
畦と書いて「あぜ」「くろ」と読んだり
畦だったり畔だったり…。ややこしいですね。

クロ塗りは重労働です。
まず、まんのうで泥をすくい、畦に寄せます。
DSC_0056
泥は水を含み、とてつもなく重いです。
もれなく腰をやられます。

次に、その泥を足で畦に押し付けます。
DSC_0060
これも大変な上になかなか進みません。
みんなで世間話でもしながらでないと、
とてもじゃないけどやってられません。

しかも、田んぼの師匠は一度塗ったクロを壊し、
3回くらい塗り直すらしいです。ひー!

でも、このクロ塗りをしないと、
田んぼに水がたまりません。
適当だと、せっかくやってもすぐ水もれします。
また、側面が垂直でなく斜めだと、
誰かに踏まれて穴が開くことが多いです。

ここまでやって、
ようやく田植えができるのです。

今回はここまで。
次回は、「すずめ」についてです。


ああ

水を入れる

こんにちは。
今回は、水についてです。
3mizu

DSC03037
すか田んの田んぼの給水口。



田んぼの水入れとは、
用水路などから田んぼに水を入れることです。

川や池から水路を引いてきて、水門を作り、
好きなタイミングで入れたり止めたり、
水位を変えたりできるようにしておきます。

たがやす作業は、一般的には、

①田起こし(荒起こしなど)
 ↓
②代かき   の順で行います。

「田起こし」では乾いた状態でたがやし、
DSC_0778

「代かき」では水を入れてたがやします。
60

DSC_16592
毎年一度は抜け出せなくなります。

水と土をまぜて「泥」にして、
田植えができる状態にする作業です。
代かきの時に水路から田んぼに水を入れるのが
最初の水入れです。



水については、書きたいことがたーくさんあります。

まず言いたいのは、
   水は思い通りにならない
ってこと。
雨がずーっと降らないと川の水も減るし、
乾燥させたい稲刈りの時期に降り続いたりもするし。

水路も、すぐに詰まるし壊れるし。
生命は水場に集まりますから、草が猛烈に生えるんです。
U字溝みたいに、人工物なら扱いもいいんですが、
そんなお金も道具もないし、
そもそも借りている土地なので勝手にできません。

田んぼも、漏れたり染み込んだりしてなかなか水が溜まりません。
もぐらが穴を開けたりもします。
一度壊れると、湿った状態なので直しにくいです。

さらに、川から離れた休耕田を復田しようとすると、
途中までの田んぼもやめているため、
水路が埋まってしまい、使えないことが多いです。

すか田んは、去年までの田んぼは川下にあったため、
田んぼ脇の川の水は1mくらい低い所にあり、
ガソリンポンプでCO₂を大量にまき散らしながら水をくみ上げ、
一番高い所に作った池まで
水路の代わりに長ーいホースで運んでいました。
矛盾した環境活動…。
IMG_6782
田んぼの脇の川。右が上流側、左が下流側です。
左右の壁に板を挟む金具がついていて、
そこに板を渡してダムを作れるようになっています。
溜まった水にポンプの取水側のホースをつっこみ、
動力で汲み上げます。

77
ガソリンポンプ。上が川、下が池につながっています。
毎日汲み上げないと、田んぼが干からびてしまいます。
手間もお金もかかります。

DSC_0052
池までのホース。一番高い所まで水をもっていきます。

IMG_6777
ホースを草刈り機でやっちまったところ。

DSC_0717
ため池。これは冬の様子です。
ここまでホースをのばし、川の水を入れます。
一旦ここに溜めることで、水を温める効果もあります。
みんなで掘りましたが、川の泥が入り、すぐに埋まってしまいます。

新しくお借りした田んぼは、
川のダムから直接取水口(2番目の写真)がついていて、
勝手に水が入るシステムで助かっています。
取水の調整がちょっと面倒なので、
排水で水位を調整するスタイルです。

おそらく川上から偉い順に土地を決めていったんでしょうね。

今回はここまで。
次回は「畔(あぜ)」についてです。

農具(のうぐ)

こんにちは。
今回は、農具についてです。
2nougu

DSC_0778
すか田んの耕運機。


田んぼの農具は、
鍬(くわ)、鎌(かま)といった手で使うものから、
耕運機、コンバインなどの重機まで
工程の数だけあります。

現代では、
芽出しの機械(催芽機)から袋詰め(包装機)まで、
ほぼ全行程の機械があるみたいです。
(持ってないからよくわからない)

電気のなかったころの田んぼの農具は、
鎌(かま、草を刈る)
kama


鋤(すき、土を起こす)
suki


鍬(くわ、土を耕す)
kuwa


千歯こき(せんばこき、もみをわらから外す)
senbakoki

などなどでしょうか。



すか田んは素人の集まりなので、
道具はあまりありません。

田んぼの1年は、
畔(あぜ)の草刈りから始まります。
そしてひと夏ずーっと続きます。

草刈り機は持っています。
振動が地味に腰にきて、
できればやりたくない作業ナンバー1です。
IMG_4168
あ、田植えもできればやりたくない。
考えてみたら全部やりたくないかも…。
平日働く身としては毎週月曜日が一番しんどいです。

草刈りしてると、
のうさぎとか雉(きじ)とか出てきてびっくりします。
DSC_1484

IMG_0317

草刈りが終わったら逃がします。


草刈り機、耕運機、
脱穀機、もみすり機はありますが、
田植えや稲刈りは手作業です。
その作業についてはまた別の機会に書きます。
  • ライブドアブログ