すか田んブログ

よこすか田んぼ研究会のブログです。 田植え体験、稲刈り体験やってます。

餅つき

こんにちは。
見に来てくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム
「天穂のサクナヒメ」が人気ということで、
最近はこれまでの活動を
このゲームに出てくる手順に沿って
ふりかえっています。

今回は、前回の予告を変更して、
「餅つき」です。


ぜひ!おねがいします!!



米には「うるち米(まい)」と「もち米(ごめ)」
の2種類があります。
すか田んでは、両方育てていて、
とれたもち米で、毎年餅つきをしています。

今年は家族だけでの餅つきです。



毎年当日はてんてこ舞いで
写真なんてろくに撮れないので、
準備の時に写真をたくさん撮りました。
「餅つきをやってみたい!」という方は
参考にどうぞ。



餅つきの準備は、
前日から始まります。
まずは火もしの準備から。

かまど。加熱調理する囲い全般の総称で、
これは簡易型です。
この中で薪(まき)を燃やします。
IMG_2812
炭治郎、かっこよかったなぁ…。



羽釜(はがま)を乗せます。
IMG_2814
羽釜は、まわりに金属の輪がついた鍋のようなものです。
ここに水を入れ、お湯を沸かします。

もち米をかけると、
ここのお湯がみどりになるから不思議です。



せいろを羽釜の上に乗せます。
IMG_2817
羽釜の蒸気でせいろのもち米を蒸します。
羽釜とせいろのサイズが違うと、
蒸気がもれてしまいます。



ふた。重い方がよい。
IMG_2824
量にもよりますが20~30分程度で蒸しあがります。
全体に熱が回ってからは、短時間になります。
火の番が上手な方は、
最小限の薪、最短の時間で焚くことができます。




いつも2段です。
IMG_2826
2つのせいろは時間差で乗せます。
上は先に乗せた方、下が後からの方です。
それじゃ逆だ、という方もいますけど。



お湯をすくうひしゃくと、
米の硬さを確かめるしゃもじをセット。
IMG_2836
実は蒸したてのもち米ご飯が1番おいしい説。



せいろの中はこんなかんじです。
IMG_2820



せいろの底にすのこを敷きます。
IMG_2821



その上に蒸し布。
IMG_2822



もち米を入れたら包みます。
はみ出していると、燃えてしまいます。
IMG_2823
前日なのでまだ入ってませんが。



お次は、時計型ストーブです。
IMG_2828

お湯をわかしたり、汁物を温めたりします。
IMG_2833



その次は臼(うす)。熱湯を入れ、一晩浸水させます。
IMG_2841
割れ目からもれてる…。しばらくすると止まります。
「使ってくれるなら」と近所の方にいただきました。



杵(きね)、つきん棒も水に浸けます。
IMG_2840
これも近所の数人の方から。



つきん棒(つきんぼ)は近所の方の手作りです。
IMG_2834



手返し用のボウルとしゃもじ。
IMG_2837
手返しは水だと餅が硬くなるので、熱いお湯がいいです。
熱いけど。



餅を受ける大きいボウルと、のし棒、のし袋、餅とり粉。
IMG_2838
のし袋は密封できる袋のLサイズを使っています。



もち米を一晩水に浸けます。
前日からなので、当日量を増やしたり、
減らしたりはできません。
IMG_2842
研ぐまえからすごい白濁っぷり。
自家製米って、こんな感じです。



前日の準備はここまで。



いよいよ当日です!
IMG_1914



湯気が上がって、いい匂いが広がります。
IMG_2854



蒸しあがったら、うすにもち米を入れます。
IMG_1917
すのこ、むし布は取ります。
すぐに次のせいろで使うので。



うすに移したもち米。
IMG_1918



つきんぼでつきます。
初めから杵でつくと、米が飛び散ります。
IMG_9329

みんなでつくと早いし、楽しい。
IMG_9348



ようやく餅つきです。
IMG_2877

動画があります!




餅ができた!早く食べたーい!
でも、1うす目(ひとうすめ)は木くずなどが気になるので
鏡餅(かがみもち)にします。
IMG_2890
鏡餅はお湯に受けず、臼から直接粉に乗せます。
水分が多いと、すぐにカビがきてしまいます。
写真のボウルのもちは、食べる用です。



今度は、上手な人の登場です。




食べる分は、2うす目から。
ボウルにお湯を100mLくらい入れ、
臼からそこに餅を受けます。
IMG_2891
けんちんじる、しるこ、きなこ。
寒いから、温め直しができる味付けで。

このほかにも
臼に直接入れて混ぜる
「のり餅(あおのり)」
「かんころ餅(さつまいも)」
などの「まぜ餅」もあります。
臼が汚れるから、
まぜ餅をやるところは少ないですが。



たくさん食べたら、
残りは伸し餅(のしもち)にします。
写真はないのですが、
袋に直接入れて、のします。

おなかがいっぱいになると、
誰も餅つきをしたがらなくなるのですが、
前日から浸けていたもち米はとっておけないので、
みんなに声をかけ、
交代でついてもらいます。



今回はここまで。
最後までおつきあいくださり
ありがとうございます!

次からは米づくりの手順に戻ります。
次回は「出穂と網掛け」です。



わら飾り

こんにちは。
見にきてくださりありがとうございます。

このブログは、
「よこすか田んぼ研究会」の活動を紹介するブログです。

米づくりのゲーム「天穂のサクナヒメ」が人気ということで、
最近はゲームに出てくる手順に沿って
これまでの活動を振り返っています。

今回は、2020年最後の記事です。
前回に引き続き、
田んぼの作業ではなく
「わら飾り」についてです。
IMG_5432




 ぜひ!お願いします!



わらは、稲の茎です。
数十年前までは、
秋に稲刈りから脱穀、精米、貯蔵まで済ませると、
冬の間は残ったわらやぬか、もみ殻などで
さまざまな道具を作ってきたそうです。

その中から、
大みそかに作る「正月の輪飾り」を紹介します。
今回も写真はすか田んのオリジナルです!



おおまかな手順はこちら。
わら細工の手順



まずは「縄綯い(なわない)」。
これができないと始まりません。
わらを数本ずつ2束に分けて持ち、
両手をこすり合わせてねじっていきます。
IMG_1377
縄綯いの写真がほとんどなかった…。
だって、両手を使うから自分では撮れないし、
できる人は速いから撮れないし。

わらの本数は、10本ずつ3束。
本当は奇数が縁起がいいとかなんとか。
でも好きな太さになる数でいいと思います。
3束のうち1束は、あとで使います。

綯いのしくみはこんな感じです。
縄綯いイラスト

2本同時にひねるのがむずかしい。
IMG_1379

3人で綯うやり方もあります。
縄綯い3人で



なわができたら、
残していた1束をねじりこみ、
「注連縄(しめなわ)」にします。
写真が見つからない…。



輪っかにします。
IMG_2385
ちなみにこれは普段用の「右綯い」だそうです。
ハレの日には、「左綯い」がいいんだとか。
でもまだできないから!

一度はかぶるよね。
IMG_5324



次は飾りです。一番楽しい作業!
IMG_5165

松葉、南天、裏白などは1つ1つに意味がありますが、
「いい気分になる」を基準に飾ればいいかなと。
IMG_1474

IMG_1381
身近な物だけで生活していたころは、
かざりも葉っぱとかきれいな実とかを見つけてきて、
精一杯華やかにして、
意味は後からつけたんだと思うのです…。



これは、玄関の上などにつける「〆縄(しめなわ)」。
IMG_1718

長く綯う時は、途中でこのようにつぎ足します。

IMG_1472

これは、出入り口などにつける「輪〆(わじめ)」。
IMG_1719

ほかにもいろいろあります。地域によってもさまざまです。
IMG_1477
ヒトガタのものも。

周りに飛び出たわらは、わらでこするときれいに取れます。
PA290726

ついでにほうきも作りました。
IMG_1723

ついでのついでにこんなものも。
IMG_5582



わらのしばり方。親指を挟むように1周巻いて…
IMG_1461

もう1周巻いて…
IMG_1462

残りを親指のところに押し込み、根元を引っ張って締めます。
IMG_1463
簡単そうに見えますが、
「あれ?あれ?」となります。


途中にわら(〆の子)を挟むときは、
竹で穴を開けてから。
IMG_6465

竹の節をうまく利用した、こんなわら用の針もあります。
PA290736

先人の知恵や技術にふれるたびに、
「伝統」とは「創造」の積み重ねである、
と感じます。


せっかくある知恵や技術も
現代では必要がないため、
誰にも伝えられずに失われていっています。

80代の方でも、
「親が草鞋(わらじ)を編んでくれた」
と言われます。
ご自分では編んだことがない方が多いのです。
PA290732
わらじを編む道具も手作りだそうです。



2017年には、すか田んのわらを
神社のしめ縄に使っていただけることになり、
見学に行ってきました。
IMG_0775
めちゃくちゃ誇らしい!

大人数人がかりで、わらを綯っていきます。
IMG_1467

〆の子も大きい!
IMG_6478

これはわらを叩く道具です。
IMG_6471

ぬらして叩くと、わらが柔らかくなり、加工しやすくなります。
IMG_6470

すか田んでは、ゴムづちで叩いています。
1495936026973



以上、
いろいろ紹介したくて
また写真だらけになってしまいました。

今回はここまでです。
最後までお読みくださり
ありがとうございます。
次回は、「出穂と網掛け」についてです。




田んぼの生き物

こんにちは。
今回は、
米づくりからちょっと離れて、
「田んぼの生き物」についてです。
IMG_2560
「蛙を捕まえ、田に放した」
田植え前にカエルを入れても、
えさとなる生き物がまだ少ないから
すぐに出て行ってしまうと思います…。

IMG_5141
すか田んのカエル。




ぜひ!おねがいします!



田んぼには、
たくさんの生き物がいます。
と言うより、
「生き物のいるところに田んぼを作った」
と言った方が正しいかもしれません。

それぞれが、生きるためにそこにいます。
人にとっての益とか害とか、
そんなことはおかまいなしです。

どの生き物も、
これは益虫(鳥・獣)、これは害虫、と
はっきりと分けられるものではないです。

害があるから全滅させる、
益があるから増やす、
そんなことをしたら、
他の弊害が出てきます。

なんでも「ほどほど」がいいってことです。



ちなみに今回の写真は、
全てすか田んで撮ったものです。
(一番目のサクナヒメの写真以外)

専門家ではないので、
ここでの生き物の名前は総称です。
カタカナなのは、正式名称ではなく
単に見やすいからです。



まずは蛙(かえる)。ゲームにも出てきますね。
UTRE5596
たぶんシュレーゲルアオガエルです。
すか田んには、たくさんいます。

サクナヒメに敵として出てくるヒキガエルは、
すか田んでは見かけません。

アオガエルは、
早春に土の中に卵塊を生みます。
IMG_0478
毎年耕運機で掘り返してしまうので、
一旦回収し、水を入れてからオタマを逃がします。
(本当はよくないのですが)



田螺(たにし)ではなく、巻き貝。
P7280252
水中なので見えにくくてごめんなさい。
調べてみたところ、サカマキガイというらしいです。

タニシも田んぼにたくさんいますが、
写真が見つかりませんでした。

タニシは藻などを食べる益虫とされていますが、
藻のついでに稲もかじってしまう種類もいます。



螻蛄(けら・おけら)。ゲームには出てこない?
IMG_6585
「オケラだ~って」の歌に出てくる、
あのオケラです。

田んぼといえばオケラ、と言えるほど
田んぼにはたくさんいます。
手がモグラみたいになっていて、
耕すとあわてて泥にもぐる姿がけっこうかわいいです。

全身につやつやとした毛が生えていて、
泥の中にいるのに全く汚れていません。
成虫は飛べるとか?
なんだかにくめない虫です。



ヤゴ。トンボの幼虫です。
P9010307
これはたぶんギンヤンマのヤゴ。
2019年はギンヤンマが大発生し、
田んぼに行くたびにたくさん見かけて
嬉しくなりました。

網に引っかかってしまいました。
P9290038
田んぼは人のためのものなので、
生き物が住みやすいばかりではないです。

手乗りヤンマ?
IMG_E7882
まったく知らない方が、
ヤゴを指に乗せて田んぼを通りかかりました。
こちらは作業中でしたが、
一同「ええー?なんで逃げないの?」と驚きました。



蛇(へび)。たぶんアオダイショウ。小動物を食べます。
P6020080
すか田んのメンバーの子どもたちは、
平気でヘビをつかまえます。
もちろんすぐに逃がします。



キアゲハの幼虫。通称「トム」(意味はない)。
P9080315
セリなどの葉を食べるので、
よくあぜの近くにいます。



たぶんトノサマバッタ。
CMFBE6531
NHKの「昆虫すごいぜ」でもやってましたが、
1回の飛行距離がとてつもなく長いので、
なかなか捕まえられません。
子どもたちのあこがれのバッタです。



ショウリョウバッタ。稲の葉を食べます。
P8120065
大物なわりにたくさんいるし、
比較的簡単につかまるので、
子どもたちに人気のバッタです。



カメムシ。
稲の茎や稲穂から汁を吸います。
P8120039



マルコガネ。これも
汁を吸います。
P7140183



カマキリ。この子はまだ子どもですね。
P8050047
バッタなどの虫を食べます。



川にはモクズガニ。
IMG_4546



ウナギ。三面コンクリートの川を、海から遡上してきます。
IMG_8622



川にはスジエビ。
DSC_0497 (3)
簡易ダムを外すと大量に出てくるので、
仕方なく一旦回収します。
この子たちはすぐに死んでしまうので、
急いで川に戻します。



やってくる鳥たち。
まずは何と言ってもスズメ。すごい数。
PA211993



鴨(かも)のつがい。内見中です。
IMG_2982
「日当たりはいいんだけどね」「ちょっと狭いかも」なんて。



燕(つばめ)。巣作りのための泥を取りに来ます。
IMG_2964
田畑が減った街中では泥が見つからないので、
巣作りは大変なことでしょう。



雉(きじ)。以前の記事で触れましたね。
DSC0E3068

キジの卵。多産です。
IMG_4455
周りを草刈りしていると発見します。
遠くに避難した親がめっちゃ鳴くので、
「草刈り終わったよー!」と叫んで、
そのままにしておきます。



ノウサギの子ども。サクナヒメでは鬼として出てきますね。
DSC_1471
米を食べるようです。かわいいけどね。



以上、たくさん紹介しましたが、
実際にはもっといるうちのほんの一部です。

今回はここまで。
次回は「わら飾り」についてです。



水加減

こんにちは。
今回は、「水加減」についてです。
IMG_2569

DSC03121
すか田んの水のようす。


水の写真なんて意識して撮ってこなかったので、
今回は、文章ばかりです。




↑よかったらおねがいします↑



水加減とは、
料理などで、水を入れる分量の程度のこと」だそうです。
そういえば、料理用語だったんですね。



田んぼの水加減とは、

取水口や排水口を操作して
稲の生育に最適な水位を調節すること です。



すか田んの作業は土、日、祝のみなので、
最終日の帰り際に調節し、
平日は入れっぱなしか

止めっぱなしです。

加減が難しく、
次の週末に行ってみると
あふれていたり、
からからになっていたりします。



田植えの時の水加減は、
ひたひたくらいです。

水が深いと、
苗が浮き、抜けてしまいます。

少ないと、
泥が動かず植えにくいし、

乾燥して苗が枯れたり、
泥がひび割れたり、
普通の雑草が生えてきたりします。

毎日どころか、

数時間おきに見に行かないと
適量を保てず、
田植えの苦労が台無しになることも。



1週間くらいたったら、
徐々に水位を上げます。


ゲームの中で田右衛門が
「足首がつかるくらい」
と言っていましたが、
現実の田んぼは、
 泥に足首まで埋まる ので、
これに関してはちょっとわからないです。

田んぼのクロがそんなに高くないので、
水もその高さまでしか溜められません。



水位を上げると、
稲が強風から守られ、折れにくくなります。

また、水温も安定します。
欠点は、冷たい水が温まりにくいことです。


水位を下げると、
水温は変動しやすいですが、
水温がすぐ上がり成長が促進されます。
また、強風などで稲が折れることがあります。

入れ続けると水温が下がり、
肥料も流れ出るため、
できれば適量でちょろちょろと
流していたいところです。



この辺は、
農書にも書いてありましたね。



中干し(なかぼし)は、
すか田んではしていません。
中干ししないやり方があるのですが、
そこについてはまたの機会に書きます。



出穂(しゅっすい)後1ヶ月くらい、
稲刈り2週間前から、
水を抜きます。

ゲームのようにすーっと抜けるわけではなく、
何日たってもぐちゃぐちゃとぬかるんでいたり、
雨が降ってまた水びたしになったりします。


水が抜け切らないと、
稲刈りの時に足をとられたり、
(鎌を持ってるから危ない)
刈った稲が泥まみれになったりします。




実際に田んぼをもう10年以上やっていますが、
水の管理もうまくいったためしがないです。

田植えがイマイチだった、
草取りをサボって雑草だらけ、
水を切らして干からびた、など
完璧にはほど遠いです。

でも、
何とかコメはできる。
苦労をすればするほど、
「ありがたい」と思うようになります。



今回はここまで。
次回は、「田んぼの生き物」についてです。

草取り

こんにちは。
今回は、草取りについてです。
草取り

IMG_5164
すか田んの草取り。きついぞー!



 ↑ご登録おねがいします↑



草取りとは、
「雑草を取り除くこと」です。

田んぼの雑草は、
水の中でも育つ(水がないと育たない)植物です。

ゲーム序盤では、
田んぼに入って1つ1つ手で抜いていますが、
これ、ほんっっっっとに腰にキます。

しかも、取っても取っても生えてきます。
梅雨明けから猛烈に暑くなる中、
 炎天下で草取り = 地獄 です。



薬も重機も使わない(持ってない)すか田んは、
ひと夏ずーっとが雑草との戦いです。

草取りで肝心なのは、
  いかに早い段階で雑草をやっつけるか
ということ。

季節が進むと、
雑草自体が大きくなるわ、
量は増えるわ、
気温は上がるわ、で
手に負えなくなります。



一番楽なのは、泥の中に踏み込んで埋めてしまうことです。
IMG_1257
けっこうな率で、復活して生えてきますが。
しかも、言うほど楽でもありません。
泥の中でズボズボ足をとられながら歩いたら、
しんどいに決まってます。



こんな道具を作ってみました。
名付けて「かきかきくん」
DSC_0020 (3)
材料費は、200円。


まだ小さい雑草に有効です。
DSC03119
これはたぶんコナギ。水中で真っ先に発芽します。

こうやって、かきかきします。
DSC_00302

すると、ぷかーっと浮いてきます。
DSC_0035~2

うまいことやれば、田んぼに入らずに済みます。
DSC_00332
ただ、浮いてきた雑草を取り除かないと、
しばらくして再び根付いてしまいます。



そこでこんな道具が!
昔ながらの除草機「田車(たぐるま)」です。
IMG_0910
歯車のようなものがついていて、
泥の中をかき回し、雑草を泥に埋め込みます。

条間(じょうかん、稲と稲のあいだ)を、押して進みます。
IMG_5159
これは便利ですが、稲がまっすぐ並んでいないと使えません。
そしてこれも、しばらくすると埋め込んだ雑草が復活します。



ちなみに、
条間が広い→→→草取りは楽だが、雑草が生えやすい
条間が狭い→→→草取りは大変だが、雑草は生えにくい
です。



はい!文明の利器!!
草刈り機につける、水田用の除草カッターです。
赤い丸い部分が回って、雑草を刈り取ります。
IMG_1277
これも便利で、けっこう楽しいですが、
やはり根は残るため、すぐに復活してきます。
そして、稲も一緒に切ってしまうことが多いです。



すか田んの田んぼの雑草図鑑。

強敵ナンバー1 コナ
もー本気で生えてきます。こいつらの本気度は本物です。
コナギ

わーかわいい、おりづるみたーい、とか言ってると…
IMG_E0953

あっという間にこんなに。
コナギ2
満場一致で最強。こうなったら手遅れです。

中華料理の材料になる、と聞きましたが、
「米づくりで雑草も食べられて一挙両得~」なんて思えないほど
徹底的に生えてきます。



強敵ナンバー2 アオミドロ
水面に被膜のように広がり、田んぼを覆いつくします。
IMG_1107
少なければ手で、地引網のように取ります。

窒素が多いと増えるらしいです。
DSC_1118 (2)
こうなると、熊手でも追いつかないかも。

すか田んがお手伝いする田んぼの1つは、
毎年必ずアオミドロの洗礼を受けます。
水面に日光が当たらなくなるので、
他の雑草が生えにくい面もありますが、
稲も育ちにくくなります。



ちなみに(2回目)、
水温が低い→→→稲が育ちにくいが、雑草も育ちにくい
水温が高い→→→稲はよく育つが、雑草もよく育つ  です。



ヒエ
稲に似ている選手権1位の雑草。
でも、慣れると何となくわかります。
節とか、広がり方とか、根元の色とかで。
ノビエ
ひっぱるとブチブチとちぎれ、
根を残す戦略です。



オモダカ(キツネ、と呼んでます)
オモダカ
見た目はおしゃれな観葉植物ですが。



カヤツリグサ(花火、と呼んでます)
カヤツリグサ
茎の断面が三角形でかわいいです。



セリ
これは田んぼの中、というよりあぜのすぐ内側に生えます。
セリ
食べられるし、抜くといい匂いがするし、
すんなり抜けるおりこうさんだし、
アゲハの幼虫がいたりするので、
雑草のわりに好きな人が多いです。



アゼナ
ハコベに似ていて、一番「普通の草」っぽいです。
でも水に強く、水中から生えてきます。
アゼナ



オギ
ススキに似ていますが、
オギは地下茎がじわじわと入ってきます。
茎が硬いから、抜いたり切ったりが大変です。
オギ



ガマ(マイク、と呼んでます)
目立って増えるわけではないですが、
気づくと田んぼの中に生えています。
これも硬くて、抜いたり切ったりが大変。
ガマ



他にもいろいろいろいろありますが、
今回はここまで。
次回は、水加減についてです。
 
  • ライブドアブログ